25歳のネット世代芸人が考える、売れるお笑い「漫才は伝統芸能になる」 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

25歳のネット世代芸人が考える、売れるお笑い「漫才は伝統芸能になる」

テレビで得た興味をネットで持続させる“仕掛け”とは?

――今はどんなふうにネットを活用しているんでしょうか?

パーマ大佐:今はエンタメの種類が多く、流行の移り変わりも激しい。テレビに一度出れても、ガラリと人生は変わりません。とはいえテレビの影響力はいまだ絶大です。

 僕はそのアフターケアが大事だと思っていて、それにネットを活用しています。テレビで興味を持ってくれた人が、次にどういう行動を取るかというと「ネット検索」ですよね。その人たちが僕への興味を継続してもらえるような仕掛けをたくさん作っています。

――仕掛けとは?

パーマ大佐:具体的に言うと、最近では『芸能界特技王決定戦TEPPEN』という番組で披露したピアノです。おそらく、放送後に「パーマ大佐」「ピアノ」という単語や、披露した「寺尾聰」さんの「ルビーの指輪」といった単語で検索する人が増えるだろうと思い、YouTubeに「ルビーの指輪」を弾いている動画をアップしておきました。

 検索されそうなワードを、タイトルや本文、検索タグに入れておくことも意図的にしていました。結果は大当たりで、たくさんの方にネタ動画を見ていただけましたね。テレビによる点での関心を、ネットを使って線にして、息の長いものにしていくためのひとつの方法だと思います。

YouTuberとしての広告収入は?

――なるほど、テレビで認知してもらい、ネットでファンになってもらうという使い分けをされているんですね。特にYouTubeをうまく活用されていますが、広告収入も結構あるんでしょうか……!?

パーマ大佐:(苦笑)。収益狙いのチャンネルではないので広告を貼らないこともあるし、YouTuberのようにコンスタントに動画をアップしていないので、それほど多くはないと思います。

 規定で細かいことは言えませんが、毎月それなりの収益が出ているので、生活の足しにはなっています。そのお陰もあって、お笑い一本で生活ができている状態ですね。

――夢がありますね。うまくネットを活用しているなと思う芸人さんはいらっしゃいますか?

パーマ大佐:キングコング梶原さんがやっている「カジサックさん」や、LOVEたつろうさんは上手だなと思います。LOVEたつろうさんは、細かすぎて伝わらないモノマネで優勝したんですけど、もともとそのときのネタは、インスタに投稿し続けていらっしゃったネタのひとつです。

 インスタを番組のスタッフさんが見ていて、それが目に止まり出演に繋がった。番組を見てネタを気に入った人は、LOVEたつろうさんのインスタのアカウントを見つけたらフォローするだろうし、流れで他のネタも見てもらえますよね。仕掛けがうまいなって思います。

おすすめ記事