野球少年からヒット作家へ…人気TikTokerが明かす「衝撃を受けた作品」 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

野球少年からヒット作家へ…人気TikTokerが明かす「衝撃を受けた作品」

サイン会に泣きながら女子中学生が

けんご『ワカレ花』(双葉社)

――反響はどうでしたか。

けんご:世に出るまでは不安でいっぱいでしたが、好意的なコメントやメッセージを、SNSや手紙でたくさんいただきました。嬉しかったのは、紀伊國新宿本店さんでのサイン会が終わる直前に、制服姿の女子中学生がやってきて、「間に合った」と泣きながら喜んでくれたことです。SNSでしか接したことのなかったファンに直に会えて、しかも感激してくれたので僕もとても嬉しくなりました。

――ファンに直に会えたことも小説を出版したおかげですね。小説は描写が大切であるといわれますが、けんごさんはどのような工夫をしたのでしょう。

けんご:初めて小説を読んでくれた人が、「また小説を読みたい」と思ってくれるような作品を目指しました。一言でいえば「奥深い小説の世界の入り口なるような小説」です。そのため読者が想像しやすく、また読みやすいと感じてくれるためには、どうしたらいいかということに苦心しました。会話を意識的に多くしたり、改行の位置にこだわったりするなど、可能な限り読み進めやすくしましたね。

人生しくじっても何とかなる

けんご

――収録作品のうち、10代や20代の心に響く描写が多いのは「落ち葉」という短編小説ではないでしょうか。会話も印象的と感じました。「やりたいことなんか、なくていいんじゃないのかな」とか、「しんどかったら、やめていいんだよ」、「これは逃げなんかじゃないよ。ひとつの選択だ」などなど。けんごさんの同世代や若い世代に対して、「失敗しても何とかなるよ」というエールが贈られているような気がします。

けんご:「落ち葉」は、僕の思いが特に込められている短編です。人生しくじっても何とかなるさというのは、僕の考えに近いものがありますね。大学の時にSNSを使った小説紹介をはじめてから、自分の人生が大きく変わりましたから。

――TikTok投稿から小説家デビュー作の出版へと、活動の幅が大きく広がりました。初めて小説を執筆してから発見したことがありましたら、教えてください。

けんご:「小説を書ける人と書けない人の違い」がわかったことです。最後まで書ききることができたから、小説家になれる人の定義もわかりました。

ワカレ花

ワカレ花

『TikTok』で薦めた作品が続々重版!話題の小説紹介クリエイター・けんごが手がけた初の小説は、花をモチーフにした恋愛小説。「始業式」「散り桜」「夕立ち」「花火」「落ち葉」「コスモス」「雪景色」「ユキヤナギ」の8編を収録

おすすめ記事