稼げる“映え部屋”レンタルスペース運営。50万円の初期費用で月30万円の高収益 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

稼げる“映え部屋”レンタルスペース運営。50万円の初期費用で月30万円の高収益

ビジネス

コロナ禍でも高稼働。ひと月で30万円の利益も

レンタルスペース

利回り200%!サブカル好き女子の聖地、池袋の物件は女子会に特化したかわいらしい内装がハマり高稼働中

 写真映えする部屋がつくれれば、募集サイトでも頭ひとつ抜けた存在になれるという。

「募集サイトは『スペースマーケット』が有名ですが、貸会議室なら『スペイシー』、スタジオ系は『オールマイティ』とすみ分けがあるので、適したサイトに掲載しないと集客できません。募集サイトの取り分は売り上げの3割程度なので、家賃の3倍くらい売り上げると安定して黒字になります。

 コロナ禍も需要は高く、特に3月はパーティルームが送別会に利用されて1件で30万円近い利益が出ました。1店舗あたりの年間利益が150万円として、3店舗持てば450万円。200万円の軍資金があれば、会社員の年収に匹敵する収益を稼げると思います!」

 かなりおいしい商売に感じるが、トラブルはないのだろうか?

「器物破損などがあれば、募集サイト補償で、修理費など出してくれることが多いので安心です。ただ、パーティルームで酔った利用客のゲロの掃除が数回あったぐらいですね(苦笑)」

 売り上げの10%を支払って外注に頼む手法もあるという。多店舗展開すれば、深瀬氏のようにセミリタイアも夢ではない!

<取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/ジェントルメン中村>

【深瀬】
民泊・レンタルスペースオーナー。湘南に民泊併用の自宅を建てて40歳で脱サラ、都内で5軒のレンタルスペースを経営中。レンタルスペースに関する無料LINEグループも運営
Twitter:@mardoc96

12

おすすめ記事