意外と難しいユニクロ「コーデュロイシャツ」。プロが着こなしを指南 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

意外と難しいユニクロ「コーデュロイシャツ」。プロが着こなしを指南

初冬に活躍するライトダウンコーデ

コーデュロイ

襟なしなら収まりが良い(筆写近影)

 さらに冷える際には、セーターとコーデュロイシャツの間に、こちらもユニクロで買える「ライトダウン」を挟みます。アウトドアブームによって流行の兆しを見せるライトダウンは、コーデュロイシャツの歴史的背景からも相性抜群です

 ジャケットにライトダウンを合わせるコーデには違和感が否めませんが、この組み合わせならそうはなりません。ポイントは、襟がない「ノーカラータイプ」を選ぶこと。コーデュロイシャツ自体に襟があるため、スタンドカラータイプでは収まりがよくありません。

ビッグシルエットによるコートコーデ

 ここまでコーデュロイシャツをアウターとして活かす方法を検証しましたが、最近定番ともいえる「ビッグシルエットコート」を合わせる手もあります。ビッグシルエットなら、コーデュロイシャツの袖が、コートの中で詰まることはありません。

 例えばカジュアル寄りなベージュ色のコートに、色が若干異なるベージュのコーデュロイシャツを合わせ、ワントーンのスタイルで合わせれば、きっと違和感はないはずです。

<TEXT/服のコンサルタント 森井良行>

株式会社エレガントカジュアル代表取締役。’79年 千葉県出身。のべ4600人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント。公式サイト「エレカジ」、著書『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』が発売中。YouTubeは「モテるファッションちゃんねる
Twitter:@elegant_casual

12

おすすめ記事