元軟式globe・パークマンサーが語る「農業しながらTikTokerになったわけ」 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

元軟式globe・パークマンサーが語る「農業しながらTikTokerになったわけ」

ストーリーのある野菜を育てている

――再び土をいじりだすようになって、どんな野菜を育てているのですか?

パーク:今は僕とパークにとってストーリーのある野菜しか作っていません。例えば、5歳まで馬に育てられたのでニンジン。あの時食べたあの味が忘れられないからってことで。あと、パークだからパクチー。あ。ただのダジャレです(笑)。パクチーはちょっと失敗しちゃって、まだ芽が小さいんですけどね。ニンジンはこれから14種類育てます。

 その他にはロマネスコとケール。ロマネスコには思い出がありまして。実は僕、今から20数年前、EXILEのHIROさんのダンススクールの生徒だったんです。

 それで初代J Soul Brothersがデビューする時、そのCDシングルのジャケットがロマネスコにヘッドホンをつけたものだったんですけど、先輩からそのステッカーを「街で配ってこい」と言われて、家の玄関にも貼っていましたし、いまだに目に焼き付いているんです(笑)。そんなわけで、ニンジンの種を探している時に目にしたロマネスコを、迷いなく育てることにしました。

 ケールは、元相方の二代目KOIKE(かんだま)が「スーパーにケールが売ってない!」って、ツイッターでつぶやいていたんです。「じゃ、オイラ作る」って(笑)。今お借りしている畑の広さは3反でだいたい30m×100mなんですけど、1反程度しか使ってないですね。今後はもっと拡大したいと思っています。

本家globeを巻き込んだコラボも

――自粛期間中でしたが、TikTok動画はどうやって作っているんですか?

パーク:ステイホーム期間中だったので、歴代KOIKEには同じように「アホだなぁ~♪」を歌ってもらって、衣装だけ変えたバージョンをいくつかもらいました。TikTokのフォロワー30万人突破で「三代目KOIKEオーディション」を開催するんですが、それまでは月替りKOIKEのマンスリーKOIKE企画を続けていきます。

 7月KOIKEは鈴木紗理奈さん、予定だと8月KOIKEは本家globeのマーク・パンサーさんの娘マディ・パンサー! もはや軟式なのか硬式なのか分かりません(笑)。

@parcmanther

@munehirovoice とアホだよ ##軟式globe ##パークマンサー ##7月KOIKE ##アホだな ##tiktokオーディション2020 ##ネオ音楽パフォーマー部門

オリジナル楽曲 – パークマンサー/PARC MANTHER

 それから音源のギターはJUDY AND MARYのTAKUYAさん、キーボードはnishi-kenに演奏してもらったり、豪華メンバーに今の時代の音にしてもらったりしています。TAKUYAさんは「やりたくない仕事」とおっしゃっていましたけど(笑)。

――TikTokの主要層は10代ですが、若い世代の目にも止まっている実感はありますか?

パーク:僕の認識だと「学校へ行こう!」世代と、その子ども世代の小学生にファンが多いみたいです。バズを生むには10~20代にウケることが重要なので、いかにそこに届けるか。「今、オレTikTokerだから!」ってハタチの子に見せたら、「ふーん。でも私この曲知らないんで」って、全然刺さってなかった。

 当時はV6さんがワイプで笑っている姿が見えたり、ツッコミが入ったりすることによって「ここが面白いよね」っていう“トリセツ”になっていたので、globe世代以外の方にも伝えることができた。今だと、さっしーが「面白い!」って言ってくれたら、一気に跳ねると思うんですけどね(笑)。

おすすめ記事