暑い夏を乗り切る「クールハック」術。マンダム研究員に聞く | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

暑い夏を乗り切る「クールハック」術。マンダム研究員に聞く

効果的な「クールハック」で快適に過ごそう!

マンダム

マンダムの研究員高石 雅之氏

 暑さが続く毎日で、涼やかに暮らす術はあるのか。高石さんにクール系アイテムを効果的に使ったクールハックを、日中のシーンに合わせて教えてもらいました。

======
■出勤前はボディウォーターなどでカラダをクールに
 シャワーで汗を流したら、メントール配合のボディウォーターやデオドラントスプレーを活用しましょう。全身に使うと冷たいと感じる範囲が広がるため効果的にクールダウンできます。

 また、商品を使用した箇所に風を受けると熱交換や気化熱の相乗効果で涼しさを感じやすくなり、移動中も快適。アイテムを携帯しておくといつでもサッと使用でき、すぐに爽快感を得られます。

■通勤中はフェイシャルペーパーで上手に冷やす
 電車などでの通勤は暑さだけでなく、不快さも感じやすくなります。人との距離が近いとスプレーなどは使いにくいので、フェイシャルペーパーを上手に活用しましょう。コンパクトに折りたたんで、冷たさを感じやすい首や頬にしばらく押しあてるのがおすすめです。

■会社に到着したらボディペーパーなどでクールダウン
 デスクに着いたら広げたフェイシャルペーパーで鼻から下を覆い、3秒ほど押しあてると熱交換が生じて涼やかに。そこにハンディファンなどで風をあてると気化熱の促進と熱交換で、よりクールに感じられます。

 さらに、ボディペーパーでカラダを拭くと爽快さがアップ。そのとき、首の後ろにペーパーをあてるのも冷感を得るのに効果的です。仕上げにボディウォーターを使えば、気持ちよく働ける爽やかボディの完成!
=====

 クールハックにより、必要なときに冷感・清涼感を得られるようになれば、夏に起こりがちな問題も解決できます。

 オフィスで同僚と冷房の設定温度の感覚が合わないときでも、クールハックで冷感・清涼感が得られれば、オフィスの冷房の温度を下げなくても、少しは快適に仕事ができます。ストレスを感じやすい暑い夏は、クールハックを賢く活用して、快適な環境で仕事に取り組みましょう。

<TEXT/bizSPA!取材班>

【高石雅之(たかいし まさゆき)】
株式会社マンダム マンダム製品評価研究所。大阪大学大学院 薬学研究科先端化粧品科学(マンダム)共同研究講座

※インターネット調査/2020年6-7月実施/15~59歳の男女440名/マンダム調べ

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

おすすめ記事