bizSPA!フレッシュ

女性客とLINEしただけで…浮気を疑われた28歳美容師の災難

 仕事でLINEを活用しているという方も少なくないようですが、とくに接客業などで自分のお客さんを持つ人はそういった傾向にあるようです。

ヘアサロン

ヘアサロンで起こったLINEトラブルとは ※イメージです

 そこで今回は、美容師として働く男性がLINEを交換した女性との浮気を疑われてしまったエピソードをご紹介します。

ヘアサロン指名客と交換

 妹尾敏也さん(仮名・28歳)は、都内の美容室で働くスタイリスト。仕事もやりがいがあり、もうすぐ結婚を控えた彼女と同棲中で、まさに順風満帆な生活を送っていました。そんな妹尾さん、ある日、ネット予約で自分を指名してくれた初来店のお客さんを接客することになりました。

「ネットの予約サイトには軽く得意なスタイルや簡単なプロフィールも載せているので、初来店でも指名してくれる方は珍しくありません。Sさんもその中の1人で、とても静かな雰囲気の方でした。ただ、カットが終わるとかなり気に入ってくれたようでニコニコしてくれて、それが印象的でした」

 妹尾さんだけではなく、美容師は指名してくれるお客さんとLINEを交換し、次回の予約を直接受けるということも珍しくないそう。

 今まで指名してくれたお客さんとは基本的にLINEを交換してきた妹尾さんは、同じようにSさんともLINEを交換し、気軽に予約の連絡をしてほしいと伝えました

予約のLINEではなく…

ヘアサロン

 この翌日、早速SさんからLINEが送られてきました。内容は昨日のお礼と、髪型が気に入ったというもの。もちろん妹尾さんはそれに対するお礼の返事をし、仕事に戻りました。しかし、Sさんから頻繁にLINEが送られてくるようになるのです。

「たまに予約以外で、髪の相談などをしてくれる方もいるのですがSさんはそういう感じではなく……。完全にプライベートな話題やお誘いを送ってくるんです。そんなこと今までなかったので戸惑ってしまって。とりあえず返事はあまりせず、様子を見ていました」

 そんなSさんからのLINEは、日を追うごとに増していきました。一度お誘いに対して結婚する予定の彼女がいることも伝えましたが、Sさんは気にする様子がなくむしろLINEの内容はまるで恋人にでも送るようなものに変化していきました。

12

おすすめ記事