bizSPA!フレッシュ

テレワークに欠かせないSlack。初心者が最低押さえておくべきポイント

ガジェット

 働き方改革やテレワークの普及で、業務連絡にSlackを導入する企業が増えている。

Slack

※画像はイメージです

 会社でSlackが導入されたけれど、いまひとつ使いこなせていないという方のために、初心者が押さえておきたいSlackの基本を紹介しよう。

Slackの特徴は「ワークスペース」

 Slackでは、最初に代表者が部署やチーム単位の集まりである「ワークスペース」とよばれる場所を作成し、そこに関係者を招待する。

 LINEのように個人でアカウントを作成して、アカウント同士がつながるのではない点が特徴のひとつだ。また、ワークスペースの中には、プロジェクトや話題単位の集まりである「チャンネル」を複数作成できる。

 具体的には、部署単位のワークスペースを作成して部署のメンバー全員がそこに参加し、業務内容別に作成したチャンネルで、それぞれが業務に関するやりとりをするイメージだ。

ワークスペースを作成する

 Slackを使いはじめるときは、まずはチームの代表者などがワークスペースを新規作成する必要がある。「ワークスペースを作成する」にアクセスして、自分のメールアドレスを入力して、「次へ」をクリックする。

Slack

ワークスペースの管理者となる人が新規作成を行う

 入力したメールアドレスに届いたメール内の「メールアドレスを確認」をクリックすると、ブラウザでワークスペースの登録画面が開くので、ワークスペース名を入力しよう。

Slack

たとえば部署単位のワークスペースなら、部署を入力すればよい

プロジェクト名を入力する

 続いて表示されるプロジェクト名の入力欄には、チャンネルとして設定したいものを入力しよう。ここで入力した名前は後から変更することもできるので、あまり深く考える必要はない。

Slack

これがワークスペース内の小グループである「チャンネル」になる

 次の画面でワークスペースに参加するメンバーを招待することもできるが、ここでは「スキップ」をクリックして先に進もう。登録が完了したら、「Slackでチャンネルを表示する」をクリックすると、作成したSlackのワークスペースが表示される。

Slack

ブラウザからの利用のほかPC、モバイル向けアプリも用意されている

おすすめ記事