bizSPA!フレッシュ

iPhoneを貸すとき瞬時にできる「他の画面を見られないようにする裏技」

ガジェット

アクセスガイドの設定方法

2

「設定」アプリ→「一般」→「アクセシビリティ」→「アクセスガイド」

「設定」アプリ→「一般」→「アクセシビリティ」→「アクセスガイド」を選択し、オンにしましょう。その後、利用したいアプリを開いてサイドボタン(iPhone 8以前ではホームボタン、以下同じ)をトリプルクリックします。

 トリプルクリックをするとアクセスガイドへのショートカットが現れます。

 アクセスガイドをタップし、「オプション」を開くとサイドボタンやタッチの範囲制限、時間制限などをかけることができます。

 アクセスガイドを終了するには、もう一度サイドボタンをトリプルクリックし、パスコードを入力します。

 一度設定しておけば、サイドボタンの操作だけで簡単に起動ができるので、他人にiPhoneをあれこといじられたくない人は設定しておくといいかもしれません。

 なお、アクセスガイドはiOS6以降での利用が可能ですが、最新のiOSへアップデートをしてからの使用をおすすめします。

<TEXT/尾身宗一郎>

フリーライター。大学院を卒業後、大手メディア会社にてメディア運営やアドネットワーク運用などを担当。趣味は車。個人ブログ「bluexlab」を運営。

12

おすすめ記事