2000円ちょいの「VRゴーグル」を試してみた。コスパ最強の国産品 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

2000円ちょいの「VRゴーグル」を試してみた。コスパ最強の国産品

ガジェット

装着感も良好!ただし残念なポイントも…

サンワサプライ

装着してみるとこんな感じです

 VRゴーグル本体の重量は約232g。非常に軽量なため、長時間装着していてもまったく首が疲れません。縦横無尽に首を動かすVRコンテンツを楽しむ上ではありがたいですね。顔に当たる部分には柔らかいPUレザー素材が使われており、優しく包み込むように支えてくれます。

 ヘッドバンドの長さは3箇所調節ができるため、頭の形に合わせて最適なポジションを確保できます。さらに、このモデルはメガネを装着したままでも使用可能。もちろん、左右の目幅に合わせてレンズの位置も調節できます。

 ここで残念なところがひとつ。それは、「MED-VRG1」にはBluetoothコントローラーが付属していない点です

 VRコンテンツを楽しんでいる最中に何らかの操作が必要になった場合、いちいちスマホをゴーグルから外す必要があります。特に動画系のVRコンテンツを視聴する際は、動画を再生させてからゴーグルに差し込むため、スムーズにいかないと冒頭部分が切れてしまいます。これが思ったよりもかなりのストレス……。再生中も一時停止や巻き戻しするためには一度スマホを取り外す必要があるわけです。

VRコンテンツ入門にはぴったり!

 2000円台前半という価格に対しての満足度は十分でしたが、ゲームや動画など、がっつりVRコンテンツを楽しみたいという方にはおすすめしません。あくまで「ちょっとだけVRコンテンツを試してみたい……」という方向けの入門アイテムです。

 本気でVRコンテンツを楽しみたい方は、最低でもBluetoothコントローラーが付属しているモデルを選ぶのがおすすめです!

<文・撮影/もってぃ>

編集者・ライター。20代にして既に4度の転職を経験した苦労人。現在は出版社で電子書籍の編集をする傍ら、自らもライターとしてエンタメから法律までオールマイティに執筆。趣味はアニメと漫画とスポーツ観戦。Twitter:@oka_motti

12

おすすめ記事