“ハタチ”の生見愛瑠に聞いた、素顔「サプライズはするのもされるのも好き」 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

“ハタチ”の生見愛瑠に聞いた、素顔「サプライズはするのもされるのも好き」

最近の失敗エピソードは…

生見愛瑠

――最近の失敗エピなどはありますか?

生見:私、LINEの誤字が多いんです。打ってすぐに送っちゃうから、間違いが多くて特にマネージャーさんにめちゃくちゃ誤字LINEをしているので、よく注意されます(苦笑)。この前も、マネージャーさんからのメールに「了解です」と送ったつもりが、「力士です」って送ってて。

――え?

生見:(笑)。テレビ番組で力士について調べていたので、「り」って打ったら、「力士」って出てきちゃっていたんです。それを何も確認せずにパッと送っちゃって。結構そういうのがあって、いつもはスルーされるんですけど、力士はさすがに指摘が返ってきていました(笑)。

――でもそうした面を残しつつの二十歳に。

生見:はい。直しつつ、でもあまり大人になりすぎずで(笑)。

憧れの女優は杉咲花

モエカレはオレンジ色

(C) 2022「モエカレはオレンジ色」製作委員会 (C) 玉島ノン/講談社

――モデルやタレント業でも活躍していますが、お芝居の面で憧れている人や理想像はありますか?

生見:いろんな役ができる人はやっぱりかっこいいなと思います。『恋です!』で共演させていただいた杉咲花さんは、本当にすごいと思いましたし、こんな女優さんになりたいなと思いました。ステキすぎて、言葉ではうまく伝えられないくらいです。

――生見さんのお芝居も、これからも楽しみにしています。最後に読者にひと言お願いします。

生見:エンドロールで自分の名前を見たときには、泣きそうになりました。胸キュンシーンはもちろんですが、消防士の方って、こんなにも大変なんだなというのが、とても伝わる映画なので、そのあたりも友達や大事な人とぜひ観てほしいです。

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異
Twitter:@mochi_fumi

【公開情報】
モエカレはオレンジ色』は全国公開中
(C) 2022「モエカレはオレンジ色」製作委員会 (C) 玉島ノン/講談社

おすすめ記事