不安でつい酒を飲んでしまう…。脳内科医に聞く「自分に打ち勝つ」コツ | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

不安でつい酒を飲んでしまう…。脳内科医に聞く「自分に打ち勝つ」コツ

“報酬”と依存を勘違いしない

「この仕事が終わったら一杯やる」「この筋トレをこなしたらゲームを30分やる」など、不安に打ち勝ち行動するうえで報酬の存在は欠かせない。

 ただ、加藤氏いわく「注意したいのが、報酬と依存を勘違いしないこと」だという。

「適度なアルコールやギャンブルなど、快楽をもたらすものは、不安を打ち消すにはよい“報酬”に見えます。しかし、人間の脳は習慣化しやすいので、快楽が強いものを報酬にすると依存性が高まります。だからこそ、報酬には、過度にやると身を持ち崩すようなものではなく、より身近なものを選びましょう

釣りや果物狩りはやる気アップに

不安を[力に変える]脳トレ

1. 大量に「ハント」する
 アルコール以外の“報酬”としてオススメなのが、何かを大量にハントする体験だ。釣りや果物狩りなど、たくさんのものをハントするとドーパミンが分泌されるので、気持ちが高揚し、何ごとに対してもやる気が上がってくる。

2. 締め切りよりも早く提出する
 達成感を得ることも、脳にとっては大切な報酬になる。締め切りよりも早く仕事を終わらせるのは、会社員が簡単に得られる報酬のひとつ。脳も満足するし、周囲からの評価も上がるというウィンウィンのトレーニングなのだ。

<取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/田川秀樹>

【加藤俊徳】
医学博士、脳の学校代表、加藤プラチナクリニック院長。1万人以上の脳を診断・治療した経験をもとに著書多数。「不安を打ち消すためのトレーニング」42個を収録した『不安を力に変える』は発売中

12
不安を力に変える

不安を力に変える

あなたの脳は少し感じやすいだけ!1万人の脳を診てきた脳内科医が提案「不安脳」が劇的に変わる42のトレーニング

ハッシュタグ

おすすめ記事