飲み代を他人のツケに…“迷惑すぎる”彼氏に振り回された24歳女性の悲劇 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

飲み代を他人のツケに…“迷惑すぎる”彼氏に振り回された24歳女性の悲劇

コラム

バーの支払いを立替えたあとも続々と…

私の周りの迷惑な人,

 事情を聞こうと純さんに連絡をしても、留守番電サービスにつながり連絡が取れません。バーで支払いを済ませたことと、混乱していることを伝えます。それでも数日間連絡が取れず、ついに「この電話番号は現在使われておりません」のガイダンスが流れるように。

「彼と連絡が取れなくなって焦った私は、友人や同僚に相談してみることにしました。でも、この相談で、あらたな真実が発覚したのです。純は、私の友人や仲の良い同僚と会ったときに『もしものときの連絡先交換』などと言い、連絡先を交換していたと言います」

 しかも連絡先を交換してしばらくすると、「碧がお金に困っている。お金は工面したが、どうしても5000~1万円足りない」と嘘をつき、「お金を借りることは碧の本意ではないから黙っていてほしい。お金は僕が返します」と涙ぐんでお金を借りまくっていたのです。

「息を吐くように嘘をつく人だった」

「純がいなくなったことがわかると、友人や同僚から次々にお金の催促がはじまりました。お金を貸した理由を尋ねてみると金額も数千円程度と少額で、純の様子が切羽詰まっていたため『よっぽどのことだと思って貸した』と言われたのです」

 西島さんが純さんを信頼しきっていたように、友人や同僚も同じように信じてお金を貸してしまったのでした。西島さんは、純さんが勤めていると言っていた会社にも連絡しましたが、「そのような人は在籍しておりません」と言われて探す糸口を見失ってしまいます。

彼は、息を吐くように嘘をつく人だったのです。結局、友人や同僚には合計で10万円近くのお金を返しました。純さんを探したり訴えたりすることも考えましたが、現実的には莫大な労力と費用がかかると知り、いまは勉強代だと思って過ごしています」

 まだ、心の傷は癒えていないという西島さん。いまは、やさしすぎたり、気が利きすぎたりする男性には注意していると言います。お金の損失だけでなく、人間関係にまで影響を与えそうな迷惑人間とは、可能な限り縁を作りたくはないものですね。

<TEXT/山内良子 イラスト/本田しずまる(@hondashizumaru)>

-[私の周りの迷惑な人]-

フリーライター。おいしいものや楽しいこと、旅行が大好き! ライフ系や節約、歴史や日本文化を中心に、取材や経営者向けの記事も執筆。金融会社での勤務経験や接客改善業務での経験を活かした記事も得意です

12

ハッシュタグ

おすすめ記事