“郊外の覇者”イオンモールが「東京23区」に初出店!驚きの「人気タウン」に決まった背景 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

“郊外の覇者”イオンモールが「東京23区」に初出店!驚きの「人気タウン」に決まった背景

ビジネス

23区内にある「イオン生え抜きの総合スーパー」は?

イオンモール

JR京葉線・新浦安駅から見たダイエーショッパーズプラザ新浦安(現:イオンスタイル新浦安、千葉県浦安市)。23区近辺の駅前にある大型イオンはほとんどがもともと他社の店舗だった

 23区内にある「イオン生え抜きの総合スーパー(旧ジャスコ店)」としてはイオン東雲店、イオン南砂店などがあるものの、それらはほとんどが駅から遠い立地であり、駅チカの旧ジャスコ店は東京モノレールの駅に隣接する「イオン品川シーサイド店」、東急池上線の駅前にある「イオン御嶽山駅前店」など、ごくわずかだ。

 そんなイオンが「都市型戦略」を採り始めたきっかけの1つといえるのが、2006年の「都市計画法」改正だった。

「郊外の覇者」は過去のものに?

 2006年の都市計画法改正では、店舗面積10,000㎡以上の大型店(映画館、スタジアム、娯楽施設など含む)の出店地域が商業地域・近隣商業地域・準工業地域の3用途地域のみに限定されるなど、以前よりも大型店の立地規制が強化された。その結果、郊外型ショッピングセンターの出店は2009年から減少に転じることとなった

イオンモール

図:ショッピングセンター新規開業店舗数推移(出店地域別)

 2006年の法改正後は郊外地域における出店数が激減した。なお、ショッピングセンターは建設に長期間を要するため2008年頃までは改正前の出店申請がなされた店舗が開業しており、影響にタイムラグが現れたとみられる。そうしたなかイオンが採った戦略が、小型店・中型店・大型店それぞれの業態による「都市型店舗」の出店だった。

 そのうち、小型店では都心部において狭小食品スーパー「まいばすけっと」「マックスバリュエクスプレス」などの出店を加速。2010年代に入ると人口の「都心回帰」の動きも追い風となり、今年1月には「まいばすけっと」(首都圏店舗)だけで1000店舗を超えるまでになった。また中型店では、2020年から大阪や名古屋でイオンリテール運営の都市型中規模ショッピングセンター「イオンそよら」の出店を進めている。

おすすめ記事