4年目まで給料ゼロ。ボイメン水野勝、「初めて泣いた」最新主演作までの苦労話 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

4年目まで給料ゼロ。ボイメン水野勝、「初めて泣いた」最新主演作までの苦労話

初めて自分の出演作で泣いた

水野勝

――最後に改めて主演作公開にあわせてメッセージをお願いします。

水野:自分の作品を観るときって、どうしても自分の演技に目がいっちゃって、反省したり冷静に観られないものなのですが、この作品は泣きました。初めてのことです。自信作になったし、出世作にしたいと言える作品になりました。

 今、新型コロナの影響で劇場に行くこと自体に怖いというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、僕は普段から映画館に行きますが、感染対策はばっちりですし、大丈夫だよということも伝えたいです。作り手としては、やっぱりみなさんに観てもらうことが一番の喜びなので。自信作なので、多くの人に観てもらいたいです。

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異
Twitter:@mochi_fumi

【公開情報】
映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』は全国公開中
(C) 2021「お終活」製作委員会

【読者プレゼント】
水野勝さんサイン入りチェキを1名様にプレゼント
〆切り:2021年6月4日(金)
①「bizSPA!」ツイッターアカウント(@bizspafresh)をフォロー
②プレゼント告知の投稿をRT→応募完了

おすすめ記事