bizSPA!フレッシュ

ロッチのコカドケンタロウが振り返る貧乏時代「ファミレスで作戦会議をした」

「ずっと芸人をやりたい」がモチベーション

――一度出て戻るってありなんですね。……ですか?

コカド:あはは。貧乏エピソードかもしれませんが、でも、それを苦だとは思ってなかったです。下積み時代がツラかったとか、そういう話をよく聞きますけど、僕は、全く。ずっと楽しかった。

――モチベーションを保つために、あえて何かしていたということもない?

コカド:僕らロッチ、「絶対売れてやる!」とか、そういう性格じゃないんですよ。特に僕は「ずっと芸人やりたい」という思いでやっていて。続けたい、でも続けるためにはご飯を食べていけるようにならないと。だったら売れないといけないし、頑張ろう。みたいな。向上心ないな(笑)。

――でもロッチの色として分かる感じがしますね。

コカド:テレビに出られなかった時期が10年以上あったけど、でもそれが色になってるんならいいかな(笑)。

仲間を大切にできるって素晴らしい

コカドケンタロウ

――改めて、映画を観る読者に「役者コカド」さんから、「俺のココを見てくれ!」的なメッセージをお願いします。

コカド:役者コカドのココは見なくていいですよ(苦笑)。桃李くんとか太賀くんとかを見てくれれば。

――今回の出演を通じて、役者業に惹かれたといったことは?

コカド:役者の楽しさみたいなのはまだ分からないですけど、現場の楽しさはすごく感じました。毎日続いて欲しい! という思いだったし、それってあの仲間だったからだと思います。共演者はもちろん、スタッフさんも含めて。本当にいい現場でした。それが作品からも伝わると思います。

――そうですね。本当に楽しそうでした。

コカド:学校って、自分たちで集まったとかじゃなくて、たまたま集まったメンバーが仲良くなっていきますけど、「中学10年生」のこの人たちは、同じ好きなものがあって集まっているから、教室の中より、絶対楽しいと思うんです。共感できることしかないから。

 そういう仲間が一生のうちにできるって、本当に稀なことだと思いますし、それをこの人たちが大切にしているところが、素晴らしいと思います。

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異

【公開情報】
映画『あの頃。』は全国ロードショー
(C) 2020『あの頃。』製作委員会

【読者プレゼント】
コカドケンタロウさんサイン入りチェキを2名様にプレゼント
メ切り:3月1日(月)
①「bizSPA!フレッシュ」ツイッターアカウント(@bizspafresh)をフォロー
②プレゼント告知の投稿をRT→応募完了

おすすめ記事