bizSPA!フレッシュ

ロッチのコカドケンタロウが振り返る貧乏時代「ファミレスで作戦会議をした」

俳優陣のスゴさを目の当たり

――それは自然にできたでしょうね。

コカド:マジの「なんて言ったん?」ですから(笑)。でもそこが「はい、カット」となったあとに、「次、ここの角度から撮ります」って同じシーンをやったんです。僕はセリフを言った気はなかったんですけど、そのくだりになったら、「ここ、コカドさん話してましたよ」って言われて。「あれがセリフになってるんや!」ってビックリでしたよ。

――みなさん脚本にはなくても、役として話してるんですね。

コカド:そういうのがすごく多かったです。脚本ではもう終わっているところでも、監督がカットをかけないから、そのままみんなアドリブでやり続けるんです。僕もアドリブで返してましたけど、そこでカットがかかって、カメラ位置を変えてもう一度となると、みんなは同じことができる!

 でも、僕は覚えてない! だってアドリブやし(苦笑)。自分が言ったことを教えてもらって、もう1度やろうとしたら、今度は緊張してしまって。いや、みんなすごかったです。

19歳、芸人活動を中断して古着屋に

あの頃。

――コカドさんご自身についても聞きたいのですが、コカドさんの20代は、コンビからトリオになったり、事務所を移ったりと、ロッチになるまで流動的だった時期ですよね。

コカド:その前も、高校1年のときからお笑いを始めたんですが、19歳からの1年間、芸人活動を中断して、夢だった古着屋さんに勤めてたんです。芸人への憧れは、大阪生まれってこともあって、「仮面ライダー」のヒーローが、僕にとっては芸人で、高校1年のときに養成所に入って2年から舞台に立っていました。

――やってみて大変でまたお笑いの道に?

コカド:いや、それが毎日楽しくて。めちゃめちゃ楽しかった。けど、実際のもうひとつの夢を経験してみて、一生ずっとやっていくのは、やっぱり芸人だと思ったんです。それで二十歳で大阪から東京に出ました。

おすすめ記事