bizSPA!フレッシュ

三代目JSB岩田剛典、デビュー10周年を語る「常に悩み続けてきた10年だった」

それまでのすべてを捨てて芸能界へ

――本作では10年をかけてある計画が進んでいきます。岩田さんもデビューから10年です。この10年はどんな期間でしたか?

岩田:今の活動のすべてを作った10年なので、人生そのものですね。

――グループでも活動されていますが、その中にあって、自己プロデュースしていく期間でもあったのでしょうか。

岩田:間違いないです。組織のなかで自分が個としてどう活躍していけるのか常に悩み続けてきた10年間だったと思います。自分ひとりで生きているわけではないので、いろんな人の考えをくみ取ったうえで、自分がどの選択をするのか。それが積み重なって今に繋がっています。

 この業界に入るとき、僕はそれまでの人生をほぼほぼ捨てたというか、逆にいうと、もう何も捨てるものがない状態でした(慶應義塾大学法学部を卒業後、内定を辞退して、この道に)。今の自分の環境は、この10年間で作ってきたものです。他人に与えられた部分もありますが、自分で考えてやってきました。

「岩田剛典」をブランディングしてきた

エンドロール

――ゼロから自分を作り上げていくために、大きな目標やここに立ってやるといった思いは持っていたのでしょうか?

岩田:グループの中にいると、その恩恵を受けて活動できる部分ってすごくあるんです。でもそのままでいいのか、自分の武器になるものはないのかと考えてきました。やりたいと思ったことも常にチャレンジしてきました。

 周囲に提案して、俳優業やそれ以外の仕事をやらせていただくうちに、世間が見る自分のキャラクターみたいなものも出てきた。そうした反応を観ながら、じゃあ、今度はこうしてみようと。僕はよく「ブランディング」という言葉を使ってスタッフと打ち合わせをします。自分自身の方向性を、常にチームで話し合って、理解していただいたうえで活動しています。

おすすめ記事