「羽田空港集合」のはずが…地下アイドルが痛恨のミス。その結末は? | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「羽田空港集合」のはずが…地下アイドルが痛恨のミス。その結末は?

 新人時代は、仕事において様々な失敗をしてしまうもの。それはどうやら“アイドル”も同じだそうで……。

モデル アイドル

画像はイメージです(以下同じ)

「ほんと、今思い出しても背筋がゾッとするような話なんですけど……」。自分の失敗エピソードについて、終始キラキラした笑顔で語ってくれたのは、現役アイドルのみゆさん(仮名・21歳)。彼女がデビュー当時、19歳の頃にやらかしてしまった“大失敗”を振り返ってもらいました。

上京後、念願のアイドルデビュー

 高校卒業後、みゆさんは子供の頃から憧れていたアイドルになるために静岡県から上京。アルバイトで貯めた貯金を切り崩しながらレッスンを受け、なんと上京から3か月ほどで夢のアイドルデビューを果たしたそうです

「オーディションは4つほど受けて、そのうち2つに合格しました。1つは研究生として、もう1つは正規メンバーとして。1日でも早く、ちゃんと“アイドル”としてステージに立ちたかったので、後者の地下アイドルユニットで活動することに決めました」

 オーディション合格後は10曲以上の歌とダンスを2週間で覚えるように言われ、3週間後にはデビューステージが決定。正にとんとん拍子でアイドルになったみゆさんでしたが、やはり苦労も多かったようで……。

週4日深夜バイトで休みなく働く

アルバイト 電話

「地下アイドルの主な収益は、ライブ後に行う物販での“チェキ”。当然ですが、新メンバーの私にはファンが少なく、バイトのシフトも結構ガッツリ入れないと生活ができないような状況でした

 さらには、スキルアップのため自費でボイストレーニングにも通っていたというみゆさん。週3日ほどのライブステージと、合間に行われる最低週2日のレッスン、週1日のボイトレ、そして週4日で深夜バイト……。みゆさんは毎日休みなく活動していたそうです。

おすすめ記事