陸上女子「最速女王」福島千里、「情熱大陸」に表れた復活への情熱 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

陸上女子「最速女王」福島千里、「情熱大陸」に表れた復活への情熱

 これまでは、自分の天性の感覚で走ってきたという福島選手ですが、男子100メートル歴代2位 10秒00の記録を持ち、世界トップレベルのスタートダッシュを誇る、山縣亮太選手と、トレーニングコーチの仲田健さんと練習をともにすることで、自分の持てる武器をさらに進化させようと考えます。

 山縣選手の走りを手本に、今までの自分にはなかったものを追求していきます。ビデオで自分の走りを確認することも、新しい試みです。その他にも、本格的なウェイトトレーニングや、栄養士から指導を受けて食事の自炊などを始めました。

 日本陸上競技選手権大会を前に臨んだ、6月3日の「布勢スプリント2018」。結果は3位と、またも市川華菜選手の後塵を拝し、自己ベストにも遠く及びませんでした

 日本陸上競技選手権大会まで残された3週間を「悪いところをしっかり直す。良くも悪くも、どうにでもなれる3週間」と語り、ギリギリまで走りの改善に取り組みます。

目標の日本陸上競技選手権大会

表彰台

 そして、番組放送前日6月23日に迎えた「第102回日本陸上競技選手権大会 女子100メートル」。予選を1位という好成績で通過したものの、惜しくも2位という結果に終わりました。

 試合を終えた福島選手は、悔しさをにじませつつも切り替えた様子の笑顔で、当初の目標であるアジア大会へ向けての決意を語りました。新しい「福島千里」を追い求める道は、これからも続きます。

福島選手、女王返り咲きを応援する声

 番組放映を受けて、ネット上では、福島選手を応援する数々の声が挙がっています

「過去に自分も陸上をやっていたけど、番組を見て、改めて福島選手のすごさを感じる」
「こんなストーリーがあったとは。福島選手と山縣選手の関係性に憧れる」
「福島選手の人柄を知って、応援したいと思った。これからも突っ走ってほしい」

 また、同番組放送後の6月24日に行われた「第102回日本陸上競技選手権大会 女子200メートル」では、福島選手は堂々の1位と、女王返り咲きを果たしました。

「自信があるかに関わらず、やることをやる」という自身の言葉を、身をもって証明した福島選手。今後の活躍からも目が離せません。

<TEXT/湯浅肇>

写真をメインに数多くの時事ネタやマルチメディア関連の記事も執筆。常に斬新な切り口で情報発信を目指すアラサー男子

12

おすすめ記事