石田ニコルが明かす、芸能界の恩人「カメラ裏で涙をためてくださって」 | ページ 4 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

石田ニコルが明かす、芸能界の恩人「カメラ裏で涙をためてくださって」

芝居の楽しさを教えてくれた“恩人”

石田二コル

――キャリアも10年を超えました。そうした出会いの中で特に印象に残っている人、出来事はありますか?

石田:ユースケ・サンタマリアさんとお仕事したときですかね。『悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜』(NHK 、’17年)というドラマで、すさまじく長いセリフがあったんです。私がユースケさんに愛の告白をするシーンだったんですけど、撮影に入ってまだ間もなく、人見知りもあってすごく緊張していました。

 そんなときユースケさんが「大丈夫だよ、ニコルちゃん、大丈夫だから」と、ずっと声をかけていてくださったんです。撮影のときも、実際にはユースケさんはカメラに映らないのに、カメラの裏にいて、すごくうなずいて涙をためて、私の演技をひと言、ひと言聞いてくださっていた。

――ステキなエピソードですね。

石田:ユースケさんのおかげで、セリフじゃなくて、本当の言葉として口に出せました。今でもあのシーンのことははっきりと覚えています。本当に素晴らしい人だと思いましたし、セリフではないお芝居のやりとりを「あぁ、こういうことなんだ」と実感できました。そして一緒に作品を作っていく共演者の大切さを知りました。これからもそのときの気持ちを忘れずにお仕事をしていきたいと思っています。

<取材・文・撮影/望月ふみ>

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異
Twitter:@mochi_fumi

【公開情報】
いけいけ! バカオンナ~我が道を行け~』は公開中
(C) 鈴木由美子・講談社/ネスト

【読者プレゼント】
石田二コルさんサイン入りチェキを1名様にプレゼント

メ切り:8月17日(月)
①「bizSPA!フレッシュ」ツイッターアカウント(@bizspafresh)をフォロー
②プレゼント告知の投稿をRT→応募完了

ハッシュタグ

おすすめ記事