bizSPA!フレッシュ

サントリー、消毒用アルコールの無償提供も。コロナ後も堅調は続く?

ビジネス

口コミサイトからみえる現場の声

サントリー

サントリーHDの口コミトップ(openworkより引用)

 さて、働く側としてはどうでしょうか。実際に働いた時の所感を把握するために、口コミサイトを確認していきましょう。各種口コミサイトは転職支援事業をビジネスにしており、各企業がクライアントにもなっている関係上、著しい悪評は公開されないようになっています。その制約を踏まえて、現場の声を確認していきます。

【良い点】
・さわやかで朗らかな性格の人が多い
・「やってみなはれ」の精神が浸透しており、提案がしやすい
・「サントリー大学」という教育の仕組みがあり、研修類が充実している
・女性の復職・ワークバランスに配慮されている
・平均年収が高いとされている
※ホールディングス433人の平均年収は1149万円・平均44.5歳(2019年12月期「有価証券報告書」より)

【気になる点】
・転居を伴う転勤がある
・社員の愛社精神が強く、残業・休日出勤を厭わない部署もある
・飲み会・お酒が好きである必要がある
・2015年にパワハラ裁判で、損害賠償を命じる判決が出ている

 とにかく、「愛社精神が強い」ことがうかがえるクチコミでした。規模が大きく、かつ安定的に利益を出している企業のため、年収を含めた基本的な条件は非常に良いです。しかし、扱う製品(アルコールも含む飲料)の関係上、飲み会やお酒を完全に避けることは難しいと考えられます。また、先述したような「愛社精神の強さ」「自己犠牲の精神」というキーワードが苦手な方はなじむのが難しいでしょう。

 また、2014~2015年に在職中の社員が、上長およびの内部通報制度運用担当部署の室長をパワハラで訴えた結果、裁判所が上長・室長の責任を認め、損害賠償を求める判決が出ている点については念のため、留意する必要があるでしょう。もし上記に挙げたような点が気にならず、愛社精神を持てる人にはもってこいの職場だと考えられます。

サントリー「ホワイト/ブラック度」判定

サントリー:★★★★☆

サントリー

サントリー本社。所在地は大阪府大阪市堂島 ©663highland

 創業家の精神(「やってみなはれ」「利益三分主義」)が現在もいい意味で受け継がれている企業です。消毒用エタノールの生産や、飲食店支援など、社会貢献を迅速に実現した手腕が素晴らしいと感じました。

 また、業績についても堅調に推移しており、安定感がありました。海外進出も比較的順調に進行しており、その点でも安心できます。この基盤があるからこそ、創業家の精神をお題目にせず、良い形で受け継ぐことができるのでしょう。

 社風も、創業家の精神が色濃く残っていることが伺え、合う人・合わない人が著しくはっきりしています。合う人はずっと楽しんで仕事ができそうですが、合わない場合はそもそも入社できなかったり、入社できても数年で離脱したりという事態になりそうです。

 就活・転職の人気企業であり、給与水準も高いので能力面はある程度求められるでしょうが、それ以上に社風へのコミットが通常以上に求められると感じました。しかし、社風へのコミットメントが強い反面として、自己犠牲精神が強い傾向があり、その結果パワハラ判例が実際に出てしまっていることは見過ごせません。そのため、最終的に★4としました。

<TEXT/アラートさん>

ブラック企業を生き抜いた歴戦のプロダクトマネージャーが、公開情報からホワイトorブラックを判定し、率直な理由とともにお伝えします。twitter:@blackc_alert、note:ブラック企業アラート

おすすめ記事