bizSPA!フレッシュ

コンビニでも買えるベストな朝食は?医師に聞く「最高の食事術」

「何をやってもうまくいかない」の正体は…

「今日は何をやってもうまくいかないな……」

 こんな日ってありますよね? 静かに振り返ってみてください。この日、朝食を食べましたか? もしかして抜いていませんか? 実は、朝食を抜いたことが原因になっていることが多いのです。

 仕事の効率だけでは済みません。イライラが高じて周囲との人間関係もギクシャクし、何もかもうまくいかなくなります。逆に言うと、自律神経のバランスを整えることさえできれば、万事OK、というわけです。

 たったバナナ1本でもそれができるなら、ほんの少しだけ踏み出す価値は十分にありますよね。

アスリートも実践「最高の食事術」

アスリート

 ここで誰でも簡単にできる「最高の食事術」の結論をお教えしましょう。朝、昼、夕、1日3回、規則正しくバランスの良い食事をおいしく楽しんで食べる。これだけです。

「えっ? これだけ!?」と驚かれるかもしれませんが、いいんです。むしろ、細かくカロリー計算したり、「あれもだめ」「これもだめ」と極端に食事を制限したり、細かくやり過ぎると、かえってストレスを溜め込んで心身に悪い影響を与えると考えています。

 私は多くのアスリートや団体に、パフォーマンス向上の指導を行っていますが、最初に勧めるのは、この「最高の食事術」なのです。食生活が整うと、メンタルも安定し、パフォーマンスが発揮しやすくなるのです。

 体型もそうです。それほど食べていないはずなのにメタボになっている人の多くは、やはり朝食を抜いている人が多いのです。

不摂生でも病気にならない人の習慣

不摂生でも病気にならない人の習慣

自律神経の名医が、働き盛りのビジネスパーソンから寄せられた32の不摂生な相談に対する「医学的に正しいリカバリー法」を、自身の経験も交えながら解説

ハッシュタグ

おすすめ記事