bizSPA!フレッシュ

グーグルが「低スペックゲームの配信」を始めた理由。目指すはソリティア?

ガジェット

「クラウドゲーミングプラットフォーム」としてGoogleが開始し、前回の記事でも紹介した「Stadia」だが、残念ながらこれはコケつつある。

 日本でのサービス開始日は未定だが、どうやらラグの問題が解決を見ないようで、ゲーマーからの評価は著しく低い。

スマホゲーム

※画像はイメージです

 そんな「Stadia」との関連は不明だが、Googleは米国時間2月13日、HTML 5で製作されたゲームを集めたプラットフォーム「GameSnacks」のサービスを開始した。

「Flashゲーム」を思い出す内容

Jewelish Blitz

3つのジュエルを集めると消えるという、見慣れたパズルゲーム「Jewelish Blitz」。ゲームオーバーが実質存在しないため、ハイスコアは「どれだけ長く遊んだか」の指標でしかない

 サーバーにあるゲームプログラムを動かすという点では、「Stadia」と同様の「クラウドゲーム」である。ブラウザさえ動けば遊べるため、スマホ・PCのどちらからもプレイ可能。しかし仕組みはずっと古く、「ブラウザゲー」や「Flashゲーム」と呼ばれていたものとほぼ同一の要領で遊ぶこととなる。

「GameSnacks」で配信されているゲームは6種類(執筆3月3日時点)。タイミング良く前進するだけの「Bridge of Doom」、ビーバーを操作するアクションゲームの「Jump with Justin」などがある。「Bubble Woods」と「Jewelish Blitz」は、すさまじく既視感のあるパズルゲームだ。

 正直なところ、新規性のあるゲームも、リッチさを感じさせてくれるゲームもない。ゲームはどれも、00年代初期の「iアプリ」で見られたような内容である。もしくは、日本でiPhoneが発売される前、スクロールホイールだけで遊べる「iPodゲーム」というニッチな市場があったが、それにも近い。

 ブラウザゲームといえば、『艦隊これくしょん』をヒットさせた「DMM GAMES」などのプラットフォームがすでにあるが、規模感としても内容としてもはるかに劣っている。

 ハイスコアを競うタイプのゲームが多いにもかかわらず、オンライン集計が行われないというのも虚しいところだ。PCにせよスマホにせよ、「GameSnacks」にわざわざアクセスしてゲームを遊ぶ動機には乏しい。

12

おすすめ記事