bizSPA!フレッシュ

「ダイエット目的だった」女子キックの新星が語る、デビューのきっかけ

 パンチとキック、そしてヒザ蹴りにヒジ打ちが認められており、昨年末に無敗のレジェンドボクサーであるフロイド・メイウェザーと対戦した那須川天心選手も2016年、旗揚げ興行に参戦した「KNOCK OUT」。

 そんななかで赤マル急上昇中の女子キックボクサーが、NEXT LEVEL渋谷ジムに所属する、初代ムエタイオープン女子フライ級王者の小林愛三選手(23歳)だ。

小林愛三

初代ムエタイオープン女子フライ級王者の小林愛三選手(23歳)

 この端正な顔立ちで、打ち合い上等の激しいファイトスタイルが持ち味の彼女がキックボクシングを始めた理由、そして個性的でファニーな素の愛三にも迫ってみた(本インタビューは6/7に行われた)。

師匠からもらったリングネーム

――愛三(まなぞう)というお名前ですが、まさか本名ではありませんよね?

小林愛三(以下、小林):違います(笑)。愛三はリングネームです。もともとは私の“あだ名”だったんですけど、気がついたら、そのままリングネームになっちゃってました。

――どういう経緯で女の子のあだ名が愛三に。

小林:プロになる前からお世話になっている格闘技の師匠が、牧裕三さんという元日本チャンピオンのキックボクサーの方なんです。それで、私の本名が小林愛実なので、師匠から一文字いただいて、愛三になりました。

 本名が愛実で、愛三も(マナミ)って読めるじゃないですか。そういう意味ではかかってもいるし、周りからもいいんじゃないかと言われて。でも正直なところ、最初は「え~っ!?」って思いましたけど(笑)。

フルコンタクト競技をはじめたきっかけ

小林

どうしても学校に馴染むことができなかった

――そうでしたか。ところで、小林選手が主戦場にしているKNOCK OUTは、女子の試合でも顔面へのヒジ打ちがルールとして認められていますが、この危険なフルコンタクト競技を始めたのは、どんな理由が?

小林:高校卒業後、スポーツジムのインストラクターになりたくて専門学校に通っていました。だけど、どうしても学校に馴染むことができなくて……。それで悩んでいた時に、たまたまダイエット目的で始めたボクササイズに思いのほかハマっちゃって。

 本当は良くないことなんですけど、学校の授業はサボっているのに、NEXT LEVELのジムにはちゃんと通ってるみたいな感じになってました。それである時、尊敬しているジムの先輩が、ふくらはぎを見て「立派だね」と褒めてくださったんです。

 で、その一言で目覚めたというか、「このコンプレックスを生かせるなら、本格的にキックボクシングをやってみよう!」と思ったのが、プロ格闘家になったきっかけです。専門学校のほうは優しい先生方に救われて、なんとか卒業だけはできました。

――もしもふくらはぎが人並みだったら、キックボクサー小林愛三は誕生していなかった可能性も。

小林:確かに(笑)。おかげさまで、今はNEXT LEVELの職員をやりながら、一般会員の方々を指導するインストラクターもやらせてもらっています。