bizSPA!フレッシュ

「新型iPod touch」が4年ぶりに発売。買うべき人・買わなくていい人とは?

ガジェット

現状のiOS端末では最安値

screenshot

 新型iPod touch最大のポイントは、現状でiOS端末で最安ということ。今まではiOS端末を購入しようとすると、最安ラインのiPhone7(32GBモデル)でも5万800円、その次のiPadでも3万7800円でした。

 新型のiPod touchでは、32GBモデルをチョイスすれば2万円ちょっとで購入できます。これは、大きな魅力ではないでしょうか。

 AppleがこのタイミングでiPod touchの新型を登場させたのは、Appleが提供するゲームのサブスクリプション(=月額課金)サービス「Apple Arcade」用の廉価端末を提供するのが狙いだといわれています。

「ゲームはしたいけど、iPhoneはいらないよ」というユーザーに向けて気軽に買ってもらうのが、新型iPod touchの立ち位置といったところでしょうか。

新型iPod touchは買いか?

 それで肝心の「新型iPod touchは買いか?」という疑問については、ほとんどの人にとってはNOではないでしょうか。

 iPhoneを使っている人ならわざわざ新型iPod touchを購入しなくても「Apple Arcade」のゲームもプレイできるし、音楽も聞けるので不要かと思います。

 ただ、現在Android端末を使用していて、「Apple Arcadeのゲームをプレイしてみたい」といった人には、一番手軽なiOS端末として新型iPod touchをチョイスするのは大いにアリなのではないでしょうか。

<TEXT/尾身宗一郎>

フリーライター。大学院を卒業後、大手メディア会社にてメディア運営やアドネットワーク運用などを担当。趣味は車。個人ブログ「bluexlab」を運営。

12