たった3年で売上10倍のバスケットリーグ。人気チームの戦略とは? | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

たった3年で売上10倍のバスケットリーグ。人気チームの戦略とは?

ビジネス

ファンファースト戦略は国外のファンも視野に

 人口が減少し続ける日本においては、海外のファンを取り込むことも重要になってきている。日本プロサッカーリーグは、2000年代後半に主力選手が次々に海外に移籍してしまい、また2008年のリーマンショックの影響などもあり、入場者数が減少し、赤字のクラブが増えていた。

 その対策のひとつとして、各チームは、東南アジア諸国から人気選手を呼び込んでおり、現在ではタイやベトナムなどから18人の選手が国内リーグに移籍している。インスタグラムのフォロワーは200万人とアイドル並みの人気を誇り、「タイのメッシ」の愛称で親しまれているチャナティップ・ソングラシン選手もその一人。毎試合ごとにタイからの団体ツアーが組まれるそうだ。

 タイのファンを数多く獲得したことによって、タイの市場で商品を売りたい企業スポンサーも獲得できた。チャナティップ選手を獲得したコンサドーレ札幌のクラブ収入は、29.8億円と、チャナティップ選手獲得前に比べて3倍に伸びている。

 海外のファンを獲得するための資金力は、新興メディアの「DAZN(ダゾーン)」を擁するパフォーム・グループの破格の放映権料が、後ろ盾になっている。パフォーム・グループは、10年にわたるJリーグ放映権を、従来の4倍近い破格の2100億円で獲得。その資金が、クラブに配分され、選手獲得の後押しに一役買っているという。

スポーツチーム×ファン×ブロックチェーン技術

ブロックチェーン

 プロバスケットボールチーム富山グラウジーズは、IT企業とコラボし、スポーツ特化型のファンエンゲージメントサービスを試験的に開始した。

 ファンがチームや選手への有料のメッセージカードを購入し、応援メッセージを贈ることができるダイレクト課金型の活動資金援助サービスや、ブロックチェーン技術を利用した応援ポイント制度などを利用できるようにした。これにより、選手やチームの応援したい気持ちを、より手軽に表明できるようになった。

 バスケットボール国内リーグ・Bリーグは、サッカーや野球に他の団体に比べて、歴史が浅く、そのためにさまざまな新しい取り組みを試せるのかもしれない。

自分のビジネスにも活かせそうとの声

「ついつい、新規の顧客獲得に躍起になってしまいがちだけれど、大事にしなくちゃいけないのはコアファンということだね」
「自分の業種にも、活かせそうな内容でした。すぐにできることは無いか考えてみる!」

 SNSでは、興味深い内容、自分の仕事にも活かせそうという声が多く投稿されていた。コアファンのニーズに耳を傾けることが、新たなファンの獲得に繋がり、さらにそれがチームの運営にも良い影響を与え、ひいては、選手のパフォーマンスも向上するのだろう。

 このような好循環で、企業と消費者がウィン=ウィンとなる、ビジネスモデルは、我々も見習うべきかもしれない。

<TEXT/湯浅肇>

写真をメインに数多くの時事ネタやマルチメディア関連の記事も執筆。常に斬新な切り口で情報発信を目指すアラサー男子

12

おすすめ記事