bizSPA!フレッシュ

無印良品、現場社員が明かす”労働環境”。新しい「国内ホテル事業」も話題に

ビジネス

 無印良品などを展開する株式会社良品計画が、4月4日、東京都中央区銀座にホテル「MUJI HOTEL GINZA」を開業し、話題になっている。

MUJI HOTEL GINZA

※「MUJI HOTEL GINZA」公式サイトより

「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトにしており、お手頃な料金設定で宿泊客と土地をつなげるサービスを展開するという。

ホテル開業は「無印良品」日本初の試み

 MUJI HOTEL GINZAは東京都中央区銀座の新築ビル内に開業。6階にフロントやレストランを構え、7階から10階が全79室の客室となっている。なお、1階から5階では食品や雑貨、衣料品などの無印良品の各種アイテムを販売。地下1階にはレストラン「MUJI Diner」も同時にオープンした。

 企画、内装設計、運営、経営を手掛けているのは、子どもの職業体験施設「キッザニア東京」などの企画・設計・運営で実績があるUDS株式会社。内装には約100年前の東京の路面電車の敷石、船の廃材などを使用。「古きと新しきが交わる街、銀座をより深く味わい、楽しむ、旅の拠点」を目指す、としている。

 良品計画ではMUJI HOTELのコンセプト提供と内装監修を行う形でこれまでに中国・北京、深センに同様のホテルを開業しているが、日本では初の試みとなり、今後の出店計画についても明らかにされていない。

MUJI HOTEL GINZAの宿泊料金は?

無印良品

銀座のMUJI HOTEL GINZAのフロント(撮影/伊藤綾)

 宿泊料金は、1万4900~5万5900円の間で設定され、14~15平米でセミダブルベッド定員1名の部屋から、最大で4名が宿泊できるツインベッドが2つ設置された52平米の部屋など9種類の部屋が設けられている。また、閑散期や繁忙期で料金が変動しない固定制を採用し、価格表記には消費税やサービス料も含まれるなど、わかりやすさを徹底。

 客室内には歯ブラシや髭剃り、ヘアブラシなどの各種アメニティのほか壁掛式Bluetoothスピーカーやアロマディフューザー、空気清浄器など無印良品の商品を多く設置。かかとの衝撃を吸収するスニーカー「MUJI WALKER」のレンタルなどのサービスも用意されている。

ハッシュタグ