bizSPA!フレッシュ

20代からの失敗しない不動産投資3原則。頭金はいくら必要?

マネー

 マンションブロガーの、のらえもんです。今回は読者からの関心が高い不動産投資。しかも20代ではじめるとしたら、そのとっかかりについて考えてみたいと思います。

不動産

※画像はイメージです(以下、同じ)

 といっても、本稿を書く私自身は20代で不動産投資を経験しませんでした。なんといっても、毎日の飲み会が楽しかったですからね(遠い目)。あの当時お酒に使ったお金を貯金して、もっと投資に回していれば……本当にそう思っています。

 そう、個人の投資は、自分が出せる頭金と時間が味方なのです。時間効果を考えれば、20代で投資を始めるのは理にかなっています。ただし、年収が低いときに頭金相当を貯金するのが相当困難であるのですが。

不動産投資の原則①:手金と属性

ビジネスマン

 私が考えるに長期的な不動産投資の成否を決める要素は3つあります。

①自分の手金(てがね)と属性
②適切な投資物件の選定
③融資してくれる銀行探し

 まずはなんといっても頭金です。後述しますが、最初から「頭金ゼロ」、つまり貯金なしでも投資できるところを探し始めるのは完全に悪手です。

 投資は自分がまず身銭を切って出せるお金を持ってから。これは特効薬が無くて貯金するか副業でもするしかありません。ご両親が多少でも裕福であれば、金利0.1%の借用書を書いてお金を貸してもらうのが良いでしょう(※自分が住むための住宅であれば、“住宅取得等資金贈与の非課税の特例”制度があります。耐震等級など一定基準を満たす物件であれば、親や祖父母から1200万円までの贈与について贈与税がかかりません)。

 どの程度のまとまったお金が必要なのか。それは投資対象にもよるのですが、最初は2~3割を持っておくのが良いでしょう。つまり、2000万円の区分マンションであれば、400万~600万円の軍資金が必要ということです。

 そして、属性が良いことも条件のひとつです。基本的にフリーランスにわが国の銀行はお金を貸そうとしません。

 月々のサラリーにお金を貸す面もありますので、不動産投資を始めるにあたってしばらくの間は、サラリーマンであり続けることが有利となります。公務員もしくは優良な企業にお勤めの場合は、金利条件が良くなることも多いからです。