出世コースを外れた“元エリート自衛官”が気づいた「100点のいらない人生」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

出世コースを外れた“元エリート自衛官”が気づいた「100点のいらない人生」

「陸上自衛隊」と聞くと、精神的にも、肉体的にもタフな人物をイメージするかもしれない。その一方で、元幹部自衛官としてエリートを目指して挫折し、現在は紆余曲折しながら生きているのがTwitterフォロワー20万人超えの人気アカウントぱやぱやくん@paya_paya_kun)だ。

防衛省

※画像はイメージです(以下同じ)

 今回、そんなぱやぱやくんの愛とユーモアにあふれた「ますらお(益荒男。本来はりっぱな男、勇気のある強い男の意だが、ここでは「陸上自衛官」を指す)ライフ」から、「心を回復させるメンタルハック」「気持ちを切り替える技術」などを紹介した新刊『自己肯定感低めの元幹部自衛官が教える「心が疲れない54カ条」』(PHP研究所)の一部を再編集して紹介する(以下、同書より抜粋)。

防大、幹部自衛官からドロップアウトして…

 私は防大→ 幹部自衛官というコースを歩んでいたので「出世こそが全て」「誰よりも強くなろう」と考えていた時期もありました。しかし、私は出世コースをドロップアウトし、現在のしがない物書きに至っています。そして、現在人生を立て直し中です。

 私の自衛隊時代の同期の中にはとんとん拍子で出世し、マイホームと幸せな家庭を築き、将来を有望視されている人もいます。そうした話を聞くと「自衛隊はいいなぁ」と思うこともありますが、それはあくまでも一面的な話です。

 自衛隊にいる同期の話の中には「上司との関係が苦しい」「激務」「単身赴任ばかりで家に帰れない」などの苦労も多くあり、「大変そうだな…」と思えることも非常に多いのです。結局のところ、出世をしたり、強くなったからといって人生の問題が全て解決するわけではなく、違う問題(さらに難しくなっている可能性もある問題)に直面するのです。

「強くなれなかった自分」をどう許したのか

ぱやぱや

ぱやぱやくん『自己肯定感低めの元幹部自衛官が教える「心が疲れない54カ条」』(PHP研究所)

 そう考えた時に私は「強いからえらい」「出世しているから優れている」と考えなくなりました。かつては、強くなれない自分に怒りが湧くこともありましたが、「強い人は強い」「出世している人は出世している」、ただそれだけの事実に過ぎないのです

 少なくとも私は能力的に「組織で出世はできない」「強くはなれない」と身に染みてわかったので、そういった土俵で戦うことをやめました。そうすると周りを見ても「自分とは違う世界で戦っている人たち」と思えるので、特にうらやむことも嫉妬することもなくなりました。

「強くなる」ことを考えるよりも、「自分が生きやすい道」を選択するほうがいいのではないかと思ったのです

12
自己肯定感低めの元幹部自衛官が教える「心が疲れない54カ条」

自己肯定感低めの元幹部自衛官が教える「心が疲れない54カ条」

現代の「ムリゲー社会」を生き延びるストレスフリーな知恵が満載!頑張ることに疲れたら、本書を読んで立ち止まってみませんか?

おすすめ記事