ドミノ・ピザが「1枚600円」で売るのは「こんな時代だからこそ」本部に聞いた | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

ドミノ・ピザが「1枚600円」で売るのは「こんな時代だからこそ」本部に聞いた

ビジネス

 毎月様々なキャンペーンを実施している宅配ピザチェーン「ドミノ・ピザ」。2022年8月1日~21日の期間限定で「ニッポン応援プロジェクト」と題したキャンペーンを実施。看板メニューの「ドミノ・デラックス」を600円で提供する(持ち帰り限定)。値上げが続く現代社会とは逆行するキャンペーンといえよう。

ドミノ

税込600円は嬉しい

 今回の記事では、当企画を実施した経緯をドミノ・ピザ・エンタープライズ APAC CMOを務めるトッド・ライリー氏に話を聞き、実際に「ドミノ・デラックス」をテイクアウトして実食してみた。

物価上昇の影響は少なくないけど

 まず、「ニッポン応援プロジェクト」を実施した背景をトッド氏はこう話す。

「現在、世の中は値上げラッシュが続き、国民のみなさんの財布が悲鳴を上げている状況です。こんな時代だからこそ、『値段を気にせず、ピザを楽しく食べたい』というお客様を応援するためにスタートしました

 とはいえ、値上げラッシュの主要因となっている小麦粉をはじめとした食品価格の上昇は続いており、ドミノ・ピザとしても大きな打撃を受けているように思える。

「物価上昇の影響は確かにあります。しかし、例えばスポーツバイクに電動アシストユニットを取り付けした自転車『e-bike』での配送に力を入れるなど、配送コストを抑えながら環境にも配慮した企業努力を行っております。厳しい状況下ではありますが、今後も美味しく、安心な商品を継続して提供し、お客様に100%ご満足いただける商品と、お買い求めいただきやすい特典・サービスの提供に努めたいですね」

話題になったキャンペーンについては

ドミノ

トッド・ライリー氏

 次に6月下旬に実施されたキャンペーン「Lサイズを買うとMサイズ2枚が無料」で起きた騒動について振り返ってもらう。

 同キャンペーン中、あまりに注文が殺到しすぎて供給が追い付かなくなり受付を停止した店舗があった。さらには、注文したピザを食べきれずに捨てる客も少なくなく、いくつかの問題点が浮き彫りになった。ドミノ・ピザとしては当時の騒動をどのように捉えていたのだろうか。

注文に追い付けず、お客様を待たせたり、注文を受けきれなくなったりなど、反省点は少なくありませんでした。また、『ピザが捨てられてる』という指摘も多くいただいており、弊社としてもフードロスを防ぐため、キャンペーン期間中に公式SNSにて、『余ったピザをふわふわもちもちに蘇らせる方法』を投稿するなどの対策を講じました。それでも、不快に思われた方々がいることも事実であり、そういった声を真摯に受け止めていきます」

12

おすすめ記事