Ado×中田ヤスタカの『ワンピース』主題歌、ガチなコラボに感じた新境地 | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

Ado×中田ヤスタカの『ワンピース』主題歌、ガチなコラボに感じた新境地

語句の持つ響きを活かすAdoの歌

Ado

アルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』ジャケット ©尾田栄一郎/ 2022「ワンピース」製作委員会

 作曲者の意図を正確に把握したAdoの歌も圧巻です。おおげさな演劇性は鳴りを潜め、語句の持つ響きを活かすように歌っているのです。

<ジャマモノ やなもの なんて消して
 この世とメタモルフォーゼしようぜ ミュージック
 キミが起こす マジック>

 ストレートな8ビートとシンコペーションのせめぎ合いがスリリングなメロディ。打楽器みたいに歯切れの良いボーカルがリズムの強弱を際立たせます。けれども、力は抑えめ。楽曲全体のトーンを設定するぐらいにとどめているのですね。

 ここで抑えているからサビでの爆発が効いてくる。楽曲のタイトルでもある<新時代>に込めるパワーが意味を持つわけです。「うっせぇわ」、「ギラギラ」、「踊」にはピンとこなかった筆者ですが、失礼しました。Adoはすごい歌手です

中田ヤスタカの新境地にも

 加えて「新時代」が新鮮なのはお互いにとって新境地になっている点です。これまでの中田ヤスタカはPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅなどの無機質なボーカルとセットでした。

 しかし、Adoの歌が彼のエモーショナルな部分を引き出したように感じます。意外にロックなのです。米津玄師との「NANIMONO」や湘南乃風との「一番歌」でも感じることのなかった濃密な攻撃性。中田ヤスタカにそういう力を感じたのは初めてのことでした。

 Adoのボーカルも凄みを増しています。骨太なサウンドに対して声を淡々と配置していく抜け感がメリハリを生んでいる。言葉の伝わり方が段違いに良くなりました。お互いを上のステージへと押し上げる相乗効果が圧倒的なグルーヴ感につながっていると感じます。

 これぞコラボレーション。納得の一曲でした。

<TEXT/音楽批評 石黒隆之>

音楽批評。『女子SPA』『日刊SPA』などで主に音楽記事を執筆。ipodに入ってる曲は長調ばかりの偏食家。
Twitter:@TakayukiIshigu4

12

ハッシュタグ

おすすめ記事