bizSPA!フレッシュ

10万円から購入できる「格安都市圏マンション」のカラクリ

頭金10万円で買える都市圏マンション!?

 ここでカラクリをご紹介しましょう。

家購入頭金

普通の物件Aと、頭金10万円業者が提供する物件B(提供/著者)

 普通の物件(A)と、頭金10万円業者が提供する物件(B)があるとします。どちらも3000万円。

 諸費用はいろいろひっくるめて300万円とします。(A)は、諸費用300万円を払うと、住宅ローンの頭金がなくなるので、もう300万円入れるとします。

 物件(B)は、「頭金10万円で買える!」というのが推しの物件です。リフォーム済みで「提携銀行なら頭金も入れなくていい! 諸費用はすべてウチが企業努力でサービスさせていただきます!」とセールスされるので本当に10万円で買えます。引っ越し代までサービスって物件もありますね。

 しかし、世の中はそう甘くできていません。諸費用は物件価格の中に含まれていると考えたほうが良いでしょう。サービスしている業者の利益も

 そもそも住宅ローンは、物件価格以上を借りることは原則としてできません。

 ここで頭金10万円業者は考えます。本来は2000万円ちょいの価値しかなくて、普通なら見向きもされない物件でも、3000万円という価格を付けて、住宅ローンを提携銀行と話して付けてもらう。そうすると、頭金を貯められない世帯でも買わせることができると。こうした物件につく住宅ローンは金利も普通より若干高いことがよくあります。

「高すぎて売れない」物件を「頭金が貯められない世帯でも買える」という魔法の言葉で売る。そういう手法なのです。本来の価値より低い物件を、通常より高い金利で借りて買う……普通に考えて地獄ですね。

 逆に売れている物件は頭金を要求されます。頭金を払えない人はお客じゃないからです。

 だから多少はキツくても、頭金は貯めたほうがいいのです。割高なものを掴まされてあとで後悔するよりいいですよね。

<TEXT/のらえもん>

湾岸タワマンに住んでいるという設定の湾岸妖精(ブロガー)。「マンション購入を真剣に考えるブログ」を運営。人間界ではいたって普通の都内勤務サラリーマン。著書に『専門家は絶対に教えてくれない! 本当に役立つマンション購入術』(廣済堂出版)など

12