安倍昭恵夫人のスピリチュアルな言動に見る、右派も左派もスピと繋がるわけ | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

安倍昭恵夫人のスピリチュアルな言動に見る、右派も左派もスピと繋がるわけ

 オカルト、スピリチュアルが好きな人は一定数いるものだが、政治の世界にも時々、“そっち系”の人があらわれる。たとえば、2020年4月、当時総理大臣だった安倍晋三の妻、昭恵夫人が、スピリチュアル系の発信をしている人物と国内旅行をしていたことを覚えているだろうか

スピリチュアル

※画像はイメージ(以下同じ)

 オカルト・スピリチュアル・悪徳商法研究家でライターの雨宮純さん@caffelover)は「右派でスピリチュアルな人は珍しくありません」と語る。またスピリチュアルは右派だけでなく、左派の思想とも共鳴するとも。今回はそんなスピリチュアルと政治イデオロギーについて紹介したい(以下、雨宮純さん著『あなたを陰謀論者にする言葉』より一部編集のうえ、抜粋)

安倍昭恵さんとスピリチュアル

 2020年4月、新型コロナウイルスが流行する中、当時総理大臣だった安倍晋三の妻、昭恵夫人が50名のツアー客とともに大分県の宇佐神宮に参拝していたことが騒がれました。

 このツアーを主催していたのはMという男性で、「新型コロナウイルスは大宇宙の意思であり、DNAを書き換えてもらうことによって人類を進化させる」88次元からのメッセージを謳う書籍や、「コロナウイルスを愛の波動に変える高次元エネルギー曼荼羅(まんだら)」が掲載された著書を刊行し、スピリチュアル系のイベントにも登壇している人物でした。

 東日本大震災後の反原発運動や放射能忌避投稿を行う人々にスピリチュアルや疑似科学と相性のいい自然派の方が多かったことから、スピリチュアルを左派と考えている方もいるかもしれません。それでは、安倍昭恵は左派なのでしょうか。確かに反原発や反防潮堤、反TPPなど安倍晋三とは異なる主張をしていた彼女は左派に見えるかもしれません。

スピリチュアルだけど思想は保守

あなたを陰謀論者にする言葉

雨宮純『あなたを陰謀論者にする言葉』 (フォレスト2545新書)

 ところがその一方で、塚本幼稚園幼児教育学園を母体とする神道系小学校「瑞穂の國(みずほのくに)記念小學院」(一時期名誉校長だったものの後に辞退)に対して、教育勅語の朗唱や自衛隊への慰問、伊勢神宮参拝に感銘を受けたと語っており、さらには「先の大戦は解放戦争であり、ただ謝罪するのはおかしい」旨の発言も行い、「神道儀式で重要な大麻は、先の大戦で負けてしまったために米国によって禁止された」という陰謀論も支持しています

 左派の人がこのような発言をするものでしょうか。発言からはむしろ、安倍昭恵氏は根本的には保守であり、思想としては夫の安倍晋三とも共通していると考えたほうが自然です。それではなぜ一見左派に見えるような活動を行っていたのでしょうか。その鍵がスピリチュアルです。

あなたを陰謀論者にする言葉 (フォレスト2545新書)

あなたを陰謀論者にする言葉 (フォレスト2545新書)

「目覚めた人」に堕ちるまでの近現代史裏クロニクル。アロマとQアノン 点と点を繋ぐ線とは――?

おすすめ記事