肉食のほうが穏やかな性格に?精神科医が教える「脳の健康にいい食事」 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

肉食のほうが穏やかな性格に?精神科医が教える「脳の健康にいい食事」

キャリア

肉を食べたほうが穏やかに過ごせる

牛肉 ステーキ

 セロトニンという脳内物質があります。このセロトニンが不足すると、落ち込んだり、イライラしたり、気分が不安定になりやすくなります。セロトニンの原料になる物質が、トリプトファンというアミノ酸です。

 肉類に豊富に含まれており、たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸の中では一番量が少なく、不足しやすいのです。ですから、肉類を比較的多く摂取することで、トリプトファンを効率的に補充することができます。

 また、トリプトファンをセロトニンに合成するためには、葉酸、鉄なども必要になります。葉酸は野菜やレバー、鉄分は赤身の肉類、レバー・魚介類に豊富に含まれています。ただし、肉類には悪玉コレステロールが比較的多く含まれていますので、摂りすぎには注意しましょう。

 たんぱく質の摂取が少ないと、イライラしたり、落ち込んだり、気分変動が激しくなります。たんぱく質が豊富に含まれている肉類、魚介類、卵類、大豆製品をバランスよく摂取することが必要です。特に豆腐はたんぱく質が豊富でありながら、糖質や脂質は少なめで、おすすめの食材といえます。

<TEXT/精神科医 伊藤拓>

◎参考文献
『ボケたくなければ「奥歯」は抜くな』(山本達生、青春出版社)
『こころに効く精神栄養学』(功刀浩、女子栄養大学出版部)

精神科医。昭和39年、東京都西東京市出身。東京大学理科二類(薬学部)卒業後に医師を目指し、横浜市立大学医学部医学科に再入学。卒業後に内科研修を1年履修した後、精神科に興味を抱き、東京都立松沢病院で2年間研修する。平成5年に医師免許、平成10年に精神保健指定免許を取得。現在、大内病院副院長。 精神科医としてこれまでの26年間でのべ5万人以上を診ている。統合失調症、気分障害(躁うつ)、軽症うつ病の分野で高い評価を得ている。近著に「精神科医が教える 後悔しない怒り方」(ダイヤモンド社)

精神科医が教える 後悔しない怒り方

精神科医が教える 後悔しない怒り方

延べ5万人を診てきた精神科医が教える些細なことでカッとして人生台無しにしないために知っておきたい上手な怒り方と抑え方

ハッシュタグ

おすすめ記事