「俺がいいからOK!」自己中心的すぎる友人を黙らせたLINEでの“口撃” | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「俺がいいからOK!」自己中心的すぎる友人を黙らせたLINEでの“口撃”

コラム

 優柔不断な人や自分で決めるのが苦手な人にとって、はっきりと意見を言ってくれる友人はありがたいものでもあります。しかし、それをいいことにわがまま放題してしまう人もいるようで…。今回は、そんな友人に振り回されてしまった男性のエピソードをご紹介します。

友人

※イメージです

はっきりと言えない性格

 幼い頃から引っ込み思案で、あまり自分の意見を周囲に言えない性格をしていた河村季也さん(仮名・25歳)。そんな河村さんの高校時代からの友人であるDさんは、反対に何でも主張できるタイプで、真反対な2人は就職した今でも付き合いがありました。

「高校時代は僕が言えないことまで言ってくれる場面があって、本当に感謝していたんです。でも、大学に進んで就職してと時間が経つにつれて、どんどんDくんは僕の意見を聞いてくれなくなってしまいました」

 高校時代からの付き合いで河村さんのことをよく知っているからなのか、最近のDさんは何でも自己中心的に決めてしまうようになったのです。河村さんの予定を一切聞かずに飲み会の日時を決めたり、「自分が行きたいから旅行の計画をしろ」と押し付けて来たりと、やりたい放題。その度、河村さんは、嫌だと思いつつも断れずにいました。

LINE

友人から久々の連絡

 関係に悩みながらもDさんとの付き合いを続けていた河村さんですが、そんな彼のもとにDさんと同じく高校時代の友人であるFさんから、LINEで連絡が来たのです。Fさんも河村さんの性格を理解してサポートしてくれた一人でした。

「FくんはDくんとはまた違って、僕の意見を促してくれるタイプというか。影で支えてくれるタイプで、高校時代もよく助けられました。連絡を取ったのは1年ぶりくらいで話もはずんで、久々に2人で飲むことになったんです」

 Fさんとの再会で嬉しくなった河村さんは、いつもよりもお酒が進みほろ酔い状態に。そこで思わずDさんとの関係に悩んでいることをFさんに愚痴ってしまうのです。するとFさんから、「河村さんとDくん、Fくん3人のLINEグループを作るから参加して」と提案され、河村さんは言われるがままにグループに参加しました。

12

おすすめ記事