誘拐犯の息子にインタビューしたら、展開が斜め上すぎた/聞かせて、YouTube事件簿 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

誘拐犯の息子にインタビューしたら、展開が斜め上すぎた/聞かせて、YouTube事件簿

コラム

淡々と話し続ける小沢君

 僕はこのインタビューで「世間からバッシングを受ける加害者家族の苦しみ」について聞こうと思っていた。しかし、フタを開ければ加害者本人が1番の被害者となった事件だった。加害者家族は苦しむどころか、記憶がねじ曲がるほど怒り狂っていて人の死の話なのに感情の置き場が難しくて仕方ない。

 未遂に終わったとはいえ、当然、本来の被害者にも怒りや苦しみはあっただろう。誘拐されかかった恐怖の記憶に苦しんだかもしれない、家族を巻き込んだかもしれない。そこを忘れてはならない。

 なんとか真相に近づけないかと、当時のニュースをネットで探したり図書館にも足を運んでみたが、結局何も出てこなかった。

 とんでもない展開の話を淡々と話し続ける小沢君も印象的だった。僕だったら母親にしつこく真相を聞いてしまいそうなものだが、当の本人はあまり興味がなさそうだ。YouTubeに載せた音声を改めて聞き直すと、小沢君も小沢君で感情が付いていっていないようにも感じる

 インタビューから少し後のこと、小沢君も少しずつ気になり出したようで、「気が向いたらお母さんに聞いてみる」とのことだ。全然違う真実が隠れている気もするし、もしかしたら事件なんてなかったのかもしれない。続報があったらまたインタビューしてみようと思う。

誘拐犯の息子に話を聞いた

YouTube「人の話を聞くさわだ」より

<TEXT/さわだ>

柏レイソル、育児、漫画に夢中。動画制作なども。「朝日新聞telling,」「QJWeb」などでライター業
Twitter:@sawadachann
YouTubeチャンネル:「人の話を聞くさわだ

おすすめ記事