bizSPA!フレッシュ

18年新入社員は「コミュ力が高い」「向上心が強い」一方、弱点はズバリ…

キャリア

新入社員の給与の使い道は?

給料 計算機 招き猫

=============================
Q.給与・賞与はどのように使いますか?

1位 趣味(旅行・レジャー・車・服飾など) 41.7%
2位 生活費、貯蓄、返済(奨学金など) 41.3%
3位 交際費 8.3%
4位 投資、資産運用 4.5%
5位 自己啓発(資格取得など) 3.8%
6位 その他 0.4%

=============================

「趣味」「生活費」がそれぞれ41.7%、41.3%とほぼ同率で、かなり高い割合を占めました。

 一方で「交際費」や「自己啓発」などに使う金額は少なく、友達との遊びや、将来のための投資よりも、目先の出費や個人の趣味のために給与を使う人が多いようです。

=============================
Q.社会人になって期待していることは何ですか?

1位 自己成長ができる 31.8%
2位 様々な人との出会い 27.5%
3位 経済的に自立できる 19.3%
4位 会社や人の役に立てる 18.5%
5位 特に期待することはない 1.4%
6位 その他 1.5%

=============================

 1位「自己成長」31.8%、2位「出会い」27.5%、3位「経済的な自立」19.3%と、回答結果にばらつきがありました。ひとつ前の「給与・賞与の使い道」の結果からみると少し意外な気もしますが、意識高めな項目が1~3位を占めました。

「特に期待することはない」は1.4%と少なく、やはりなんらかの期待や目標をもって社会人デビューする人が多いようですね。

2018年度新入社員の弱みは「当事者意識の低さ」

悩む女性

 人材教育・研修コンサルティング会社のヒップスターゲート講師の報告書によれば、2018年度の新入社員にはそれぞれ際立った強みと、弱みがあるそうです。集計結果を分析し、それぞれ順位づけしたところ、次のようになりました。

=============================
強み】(※一部抜粋)

1位 コミュニケーション力があり、協調性に富んでいる 18%
2位 学習意欲や向上心が強く、改善力がある 13%
3位 論理的に考え、物事を理解・分析することができる 12%
3位 主体性・積極性があり、責任感が強い 12%
5位 素直さ 11%
6位 挑戦意欲、目標達成意欲が高いため、粘り強く行動できる 9%

=============================

 2018年度の新入社員の強みは、コミュニケーション力、協調性に富んでいることです。属人的な業務より、チームワークや複数人のプロジェクトで成果を上げることが期待できます。

=============================
弱み】(※一部抜粋)

1位 主体性や当事者意識が低く、積極的に発信ができない 17%
2位 言動に幼さが残り、緊張感に欠ける 15%
3位 アサーティブ思考、人間関係構築力が弱い 9%
3位 思考の深堀りをせず、高みを求める努力をしない 9%
3位 チャレンジ精神に欠け、貢献意欲に乏しい 9%
6位 集中力、注意力が弱く、正確性に課題がある 8%

=============================

 一方で弱みとしては、当事者意識が低く、言動が幼く、緊張感に欠ける傾向にあるようです。新入社員といえども、いち社員であることには変わりありませんから、大学生気分から早いうちに脱却してほしいものですね。

 ブラック企業や過労死問題が話題になり、働き方改革などの言葉が聞かれるようになった2018年。

 新入社員に古くからの日本企業的な体制、社風を受け入れてもらおうとするのは難しいでしょう。新入社員の皆さんには、プライベートの充実ももちろん大事ですが、仕事のやりがいや、社会へ貢献する事の素晴らしさを実感できるような社会人生活を送ってほしいですね。

<TEXT/emi.s>

【調査概要】
調査概要:株式会社ヒップスターゲート「2018年度新入社員に関する意識調査
対象者: 2018年度の新入社員1672人
調査方法: アンケート調査
調査期間: 2018年4月3日~5月15日

12

おすすめ記事