bizSPA!フレッシュ

ディズニー、マーベルetc.で活躍する日本人女性イラストレーターを直撃

――仕事を継続していく秘訣を教えてください。

カワノ:自分の毛色に合わない仕事はしないこと。駆け出しのころ、「このイラストレーターさんに似てる絵でお願いできない?」とかっていう仕事とかがあって、引き受けてたんですけど、だんだんササキさんが描けなくなってくるんですよ。苦しくなってきて。

ササキ:うん。

カワノ:それって一番ダメなことだと思うんです。仕事を断るというのは、お金は入らなくなるけど、でもそこは貫いたほうがいいと思うんです。だから、今回の担当さんから来た最初のお話も断ったんです。

ササキ:あとは2人でやっていることで、客観視できていいんじゃないかと思いますね。いいものにしていくために、お互い本音でいろいろ意見を出し合いますし。

――振り返ると、20代はどんな期間でしたか?

ササキ:デビューが20代後半ですからね。

カワノ:それまでは一般の会社で仕事をしていました。趣味で好きな絵を続けながら。

関係のない仕事でもムダにはならない

スペースバグ

©W.BABA&TMS

――一般の会社での経験は、していてよかったと思いますか?

ササキ:それはすごくよかったと思いますね。

カワノ:基本的な常識が身に付きますし、イラストレーターさんの中には、電話が怖いとかいう方もいらっしゃいますし。私たちは、とにかく最初は電話を取ることからだったので。

――独立したい人も、最初は社会人経験をしたほうがいいと思いますか?

カワノ:今はいろいろと道があるので、それは一概には言えないです。でも、ムダにはならないと思います。

――一見、関係のない仕事でも。

ササキ:決してムダにはならないと思います。

――最後に、現在、成功している「グリヒル」さんが、20代だったからできたと思えることを教えてください。

カワノ:私たちは札幌に住みながら東京に売り込みに出てきていました。そのときに、全部ダメだったということも当然あります。でも20代だからこその、ダメ元で! という勢いがありました。

ササキ:マーベルに出したことも、まあ、ダメ元でという勢いですね。やりたいと思ったら、やってみたほうがいいです。挑戦してマイナスにはならない。

カワノ:そこでNGをもらったとしても、得るものは必ずあると思います。

<取材・文/望月ふみ>

グリヒル」オフィシャルサイト
スペースバグ」TOKYO MXにて毎週日曜 あさ10時30分~放送中

ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画周辺のインタビュー取材を軸に、テレビドラマや芝居など、エンタメ系の記事を雑誌やWEBに執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異

おすすめ記事