高校中退から30代で役員クラスに…転職で「年収2000万円」になった人の秘訣 | ページ 3 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

高校中退から30代で役員クラスに…転職で「年収2000万円」になった人の秘訣

キャリア

スタートアップは「経験とチャンスを買える」

職場 仕事

「結果論かつ特別な状況もありましたが、スタートアップは流動性が高い組織なのでチャンスはあると思います。部長職の提案をもらう前も、やりたかったプログラミングができましたし、スタートアップは“経験とチャンスを買える場所”だと思うので、経験・学歴・社歴を問わずに挑戦できる場所を探している人は検討してよいと思います」

 このように語る佐藤さんは、スタートアップに入社して得られるメリットを以下にまとめてくれました。

1:手を挙げればやりたい仕事ができる(能力は必要)
2:組織の新陳代謝が高くポジションを上げやすい
3:経営陣との距離が近い。上のレベルの仕事を学びやすい

 技術部門の部長職、プロダクト・マネージャーとしての経験を積むことで佐藤さんのキャリアはさらにひらかれていきます。以降は複数のスタートアップへCTOとして転職を繰り返し、次の会社の年収は800万円になるなど大幅に向上し、現在は上場企業のCTOに就任し、年収は2000万円となっています

 佐藤さんのキャリアは、高校中退(中卒)から上場企業のCTOという稀な経歴ですが、スタートアップに入ることで得られるメリットを、リアルに感じられる事例です。経験・学歴・社歴を問わずに挑戦できる場所を探している人は「経験とチャンスを買える場所」としてスタートアップを検討しても良いかもしれません。

<TEXT/転職情報サイト 転職強者>

低学歴からキャリアアップを果たしGAFA、外資系コンサルティングファームなどに転職成功したKaz、Ryoが運営する転職情報サイト。「高卒からのキャリア挽回戦略」「MARCH以下からのハイキャリア」などをテーマに年収UPや職務経歴書の書き方、人材業界の裏話などを発信している。無料でキャリア・アドバイス受付中

おすすめ記事