仕事効率をアップする「タスク管理ツール」5種を比較した | ページ 2 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

仕事効率をアップする「タスク管理ツール」5種を比較した

ガジェット

Googleカレンダーとの相性抜群

Google ToDo

Google ToDo/無料

Google ToDo」は、Google製のタスク管理ツール。iPhoneやAndroid向けアプリのほか、パソコンからは、GoogleカレンダーやGmailの画面の右側に表示される「ToDoリストパネル」から利用可能だ。

 Google ToDoの特徴は、他のGoogleツールとの相性のよさだろう。登録したタスクは、Googleカレンダー上に即座に表示され、Gmailで受信したメールからタスクを作成することも可能だ。

Google ToDo

登録したタスクはGoogleカレンダーにも反映される

 GoogleカレンダーやGmailといったGoogleのサービスを普段から使っている人なら、各サービス間をスムーズに連携することで効率的にタスクやスケジュールを管理できる。

その日のタスクだけを一覧できる

Microsoft To Do

Microsoft To Do/無料(広告解除400円)

 Microsoftが提供するタスク管理ツール「Microsoft To Do」。iPhoneやAndroid版のほか、WindowsとMacのアプリやブラウザ版も提供されている。

 タスクには、テキスト形式メモのほか、25MBまでのファイルの添付も追加できる。また、期限の日時とは別に、通知の日時を設定することも可能。期限の前に忘れないように通知したい場合に便利だ。

Microsoft To Do

期限の日付と通知日時を別々に設定できる

 Microsoft To Doの特徴的な機能に、「今日の予定」がある。この画面には、その日に通知や期限を設定したタスクが一覧表示される。

 複数のリストを作成している場合でも、すべてのリストのタスクがここに集約されるので、目的別にたくさんのリストを使い分けたいときにはとくに便利だ。

 また、Microsoftアカウントを使って他のユーザーを招待し、タスクリストを共有したり他のユーザーにタスクを割り当てたりすることも可能。チームでタスクを共有して仕事を進めたい場合に役立つ。

おすすめ記事