bizSPA!フレッシュ

まだ間に合う!GW10連休に「格安で行ける」海外旅行先3選

 新元号も決まり、10連休となる今年のゴールデンウィーク。せっかくの長期休暇を海外で過ごしたいと考えている人も多いと思います。

飛行機

※画像はイメージです(以下、同じ)

 しかしゴールデンウィーク中の海外ツアーはすでに予約で埋まっていて価格も高そう……と諦めている人も多いでしょう。そこで、今から予約しても間に合って、価格も比較的高騰していない海外旅行先を紹介します(価格はすべて4月1日調べ、すべて空席あり)。

1)LCCで行く沖縄→バンコク

 昨年の海外旅行先ランキング1位と人気のタイ・バンコク。ゴールデンウィークの4月27日~5月5日の期間で東京からバンコクに旅行する場合、往復航空券は約20万円です(エアトリ調べ)。

 ここでおすすめしたいのが沖縄へ行き、LCCのPeachを使ってバンコクへ飛ぶ方法です。ゴールデンウィーク中の東京(成田、羽田)から沖縄・那覇空港の往復航空券は約7万8000円(エアトリ調べ)、沖縄からバンコクへの往復航空券は5万8800円(Peach公式調べ)なので合計13万7800円。

 なんと通常で行くよりも6万円以上もお得なのです。沖縄とタイの両方を楽しめる格安プランです。

 タイに着いたらバンコク市内観光も良いですが、筆者のおすすめはリゾート地のパタヤ。バンコク市内やスワンナプーム国際空港からタクシーで行くことも可能ですが、空港から出ているエアポートバスが120バーツ(約420円)と安くておすすめです。

 パタヤではゴールデンウィーク中でも繁華街に近いリゾートホテルが1泊4000円~(agoda調べ)と非常に安く泊まることができます。

2)ゴールデンウィーク後半から行く台湾・香港ツアー

九份

 連休をすべて旅行で使わず近場で過ごしたいという人には、台湾か香港がおすすめです。ゴールデンウィーク後半の5月3日からは価格が比較的下がり、まだ残席のあるツアーも多くあります。

 成田発2泊3日の台北ツアーは6万3800円~、羽田発香港2泊3日ツアーは7万4800円~(ともにトラベルコ調べ)となっています。台湾も香港も2泊3日あれば十分に楽しむことができます。

 台湾では台北はもちろん、台北市内から1時間ほどで行ける「九份」と「十分」を回るコースもおすすめです。映画『千と千尋の神隠し』のような美しい街並みが見られる九份と、夜空にランタンを飛ばすイベントが有名な十分。どちらもSNS映えする写真を撮るのにピッタリです。

 香港には、2018年にリニューアルされた香港映画の聖地『ガーデン・オブ・スターズ(旧・アベニュー・オブ・スターズ)』、同じく2018年に開通した港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)で香港から30分で行けるようになったアジアのラスベガス・マカオもあります。新たに生まれ変わった香港をぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

12