bizSPA!フレッシュ

スーパー地方公務員「くまモン」のまったくゆるくない仕事術

ビジネス

知事の言葉がくまモンの背中を押した

 活動を始めた最初の頃は、「くまモングループは素人集団だ」と揶揄されたり、「税金の無駄遣い」だと批難をされたりすることも少なくなかったようです。それでも、くまモンが活動を続けてこられたのは、「蒲島熊本県知事のある言葉があったから」だと言います。

 それは「皿を、割れ」と言う言葉。皿をたくさん洗う人は皿を割ることもあるという意味で、最善を尽くそうとした結果、失敗しても仕方がないということだそうです。知事は「責任は私が取りますからね」と言って、くまモンの背中を押しました。

 そのような後押しがあったからこそ、くまモン失踪の偽の記者会見を開いたり、よしもと新喜劇とコラボしたり、熊本のみならず全国各地にPRのために出向いたりするなど、自由で新しい戦略を次々に打ち出すことができたのです。

くまモンが学習まんがの伝記シリーズ入り

 日本リサーチセンターの「第5回 NRC全国キャラクター調査」によると、ディズニーの「ミッキー&フレンズ」や、ジブリの「となりのトトロ」を押さえて、見事、くまモンが好感度ランキング1位に輝きました。

 2016年から好感度ランキング1位をキープしているとのことで、長期間にわたって、多くの人々に愛されていることが伺えます。

 また、小学館の発行する伝記まんがシリーズにもくまモンが登場し、「次世代のリーダー」としての奮闘ぶりが描かれています。くまモンの活躍はどこまで拡大していくのでしょうか?

海外へと羽ばたいていく、くまモン

くまモン

『くまモン』 (小学館版学習まんが)

「知事の言葉は名言! こんなこと言ってくれる上司の下で働きたい!」
「くまモンは熊本県民の自慢です!」
「くまモンの一生懸命さが可愛すぎて、映像を見ているだけで笑えてくる」

 ネット上では、サービス精神旺盛で、常に応援してくれている人のためを考えるくまモンに対して、多くの称賛の声が寄せられました。

 現在では、くまモンは、熊本や日本の範疇を超え、海外へ進出しています。蒲島知事は「くまモンをミッキーのような存在にしたい」と宣言し、海外企業への商品製造・販売の解禁、米国スタジオによるアニメ製作などの新戦略を発表しました。

 これについても「熊本ではなく、くまモンだけが海外で有名になっているのでは」などと県議会で反発の声もあります。それに対して、知事は「くまモンの価値を高めることが県全体の経済的、精神的な価値の増大につながる」と答え、変わり続けなければ人気は維持できないという意志を発表。

 これからも、くまモンの型破りな活躍が期待できることでしょう。

<TEXT/湯浅肇>

写真をメインに数多くの時事ネタやマルチメディア関連の記事も執筆。常に斬新な切り口で情報発信を目指すアラサー男子

12