bizSPA!フレッシュ

上司に年賀状、送るべき? 中年男女100人に年賀状もらったら嬉しいか聞いてみた

キャリア

年賀状をもらっても「返事が面倒」

腕を組むビジネスマン

 年賀状をもらっても嬉しくない理由としては「もらっても面倒」(8人)がもっとも多い結果に。「もらったら送り返す」が一般常識となっているため、その面倒から嬉しくないと思うようです。年賀状を送る文化が廃れてきていることがうかがえます。

 その他に多かったのが「理由はない」(6人)というものです。「理由はないけどもらっても嬉しくない」ということは、興味のないDMとほとんど変わらない扱いといえるかも……。相手との関係性によっては、年賀状よりもお歳暮などの「物」を送った方がまだ喜ばれるのかもしれません。

 その他、「会社の関係をプライベートに持ち込みたくないから」「お互い気を使いたくないから」という意見も。仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切る考えを持つ人が増えていることも、年賀状の減少に関係があるのかもしれません。

「慕われているようで嬉しい」との意見も

 一方で、年賀状をもらったら嬉しい理由でもっとも多かったのは「慕われている・気にかけてもらっていると感じる」(12人)でした。普段はなかなか伝えられないような感謝やお礼を年賀状で伝えると、上司も悪い気はしないのでしょう。

 次に多かったのが「理由はない」(8人)でした。何かをもらうことに対し、無条件に喜べる人もいるようです。

 その他、「最近はLINEやメールの挨拶が増えてきたから年賀状をもらえると嬉しい」という意見もありました。LINEやメールでは記憶に残りにくいかもしれませんが、他の人があまり送ることがなくなった年賀状だからこそ上司の記憶にも残りやすいのではないでしょうか。

 自分の上司が「年賀状をもらって嬉しい人かどうか?」は、普段のコミュニケーションから探ってみる必要がありそうです。

<TEXT/菅谷圭祐 調査協力/リサーチプラス>

調査概要
調査内容:「部下から年賀状が来たら嬉しい?」
調査期間:2018年12月12日
調査対象:全国の40~59歳の有職者男女100人(インターネット調査)

大学受験情報誌、IT情報サイトなどでライター経験を積み、2018年よりフリー。最近の趣味は休日の農業、リサイクル業も兼業

12