bizSPA!フレッシュ

経済効果300億円の人気アニメ「おそ松さん」ヒットの理由。監督と構成作家が語る

『おそ松さん』のココを観ろ!3選

【14話「キラキラファントムストリーム」】
三男のチョロ松がキラキラしようと試みるエピソード。「『人がうらやましいけど、努力はなしでうまくやりてぇ』という皆がもっている気持ちをよく表現できたと思います」(藤田)

おそ松さん

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

【15話「コスプレ松」】
さまざまな職業になった6つ子たちのショートショート。「7話と合わせて『おそ松さん』要素が詰まった入り口に最適な回かな。これを観てダメだったら我々は戦えません(笑)」(松原)

おそ松さん

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

【22話「やりたい刑事」】
伝説の刑事ドラマをリスペクトした22話。「『誰向けなんだ』という作品なんですが、『おそ松さん』だからこそできる、作品なんじゃないかなと思います」(松原)

おそ松さん

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

<取材・文/久保内信行 撮影/恵原祐二>

【藤田陽一】
1978年、兵庫県生まれ。アニメーションの演出家、監督。’01年にサンライズに入社し、制作進行、演出助手を経て『陰陽大戦記』で演出デビュー。現在はフリーに。松原とともに『銀魂』にも関わる

【松原 秀】
1981年、滋賀県生まれ。脚本家、放送作家。『ナインティナインのオールナイトニッポン』のハガキ職人として頭角を現し、放送作家に。過去の担当番組構成に『エンタの神様』などがある

問題児6人組は、第3期も爆走中
6つ子が爆走中の第3期は、毎週月曜深夜1時30分からテレビ東京ほかにて放送中。『おそ松さん』第3期Blu-ray&DVD第4松が3月19日に発売予定(発売元:エイベックス・ピクチャーズ)

ハッシュタグ

おすすめ記事