非難されてもパチンコ屋に通う若者を直撃「ほかに行く場所ない…」 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

非難されてもパチンコ屋に通う若者を直撃「ほかに行く場所ない…」

ビジネス

 連日発表される感染者数に右往左往する人がいる一方で、コロナなんてまるで他人事かのように自身の欲望に忠実な行動を取っている人もいる。

パチンコ

彼らがパチンコ屋に通うワケはなんなのか ※イメージです

 その典型はパチンコ店に集う人々だ。休業要請中はそれに従わない店があって日本中から白い目で見られていたし、今でも世間から非難を浴びやすい場所だ。それなのに彼らがパチンコ屋に通うワケはなんなのか。都内のホールを回って生の声を聞いてみた

「コロナで人気台の撤去が遅れた」

 まずは大型店の喫煙所でタバコをふかす男性だ。どんなワケがあるのだろう。

「コロナなのにパチンコ屋に来てるワケ? ははっ、俺はむしろコロナに感謝してるくらいだよ」

 というと?

「もうすぐ撤去される予定だった機種がコロナ自粛の影響で延期されたんだよ。今のうちに射幸心たっぷりの台で遊んどかなきゃ損でしょ? だから自粛期間からこっちはずっとパチ屋に通ってるよ

 5月14日、警察庁はコロナウイルスによるパチンコ店休業の影響をかんがみて、旧規則機の撤去の延期を発表した。これにより本来は今年中に撤去される予定だった出玉性能が強力な台、つまり波が荒い人気台を打てる期間が半年から1年延びたのだ

「マジでコロナに感謝だよ(笑)」

パチンコ

タバコをふかしたあとは再び打ち始めた(30代前半・男)

 じゃあコロナの流行はパチンコ好きにとって好都合だったと?

「他は知らないけど俺はマジでコロナに感謝だよ(笑)。最近は大勝ちできないショボい新台が発表されてばかりだったからパチンコやめようかと思ってたけど、当分は続けることにしたわ(笑)」

 まさかコロナに感謝してる人がいるとは……正直かなり驚きだ。

おすすめ記事