bizSPA!フレッシュ

転職希望者が多い業種は?2位は「技術・専門職」、ダントツは…

キャリア

志望度の高かった会社でもミスマッチが生じると……

sub4

提供:「就職活動に関する調査」(株式会社UZUZ)

 第二新卒で就職活動を希望する人を対象に「もっとも重要な退職理由はなんですか?」と聞いた結果を見ると、一番多かったのは「仕事が自分に合わなかった」(16.7%)。

 次いで「労働時間が長かった」(13.8%)、「社風が合わなかった」(13.4%)、「ワークライフバランスが取れなかった」(12.1%)、「人間関係が良くなかった」(10.0%)となっていました。福利厚生や給与より、社風や人間関係が原因となり転職をする人が多い傾向にあるようです。

sub5

提供:「就職活動に関する調査」(株式会社UZUZ)

「前職(または現職)の志望度はどのくらいでしたか」という質問の結果を見てみると、「とても高かった」「高かった」が67.5%と、7割近くが、退職を希望した会社についてもともとの志望度が高かったと回答しています。

sub6

提供:「就職活動に関する調査」(株式会社UZUZ)

「退職したのは(会社と自分の)どちらに原因があったと感じますか?」という質問では、「自分にあった」「ある程度自分にあった」が66.2%と、「会社側にあった」と答えた人を上回りました。

「仕事・会社・同僚との相性」は実際に働いてみないとわからないところであるため、ミスマッチを防ぐことは難しいでしょう。しかし「仕事のミスマッチ」においては事前の企業研究などである程度防ぐことが可能です。そのため、退職の原因は自分側にあったと考える人も多いようです。

会社と深く関わる前に退職する傾向

sub7

提供:「就職活動に関する調査」(株式会社UZUZ)

 「在籍期間はどのくらいでしたか?」という質問では、第二新卒で転職を希望している人は半年未満で退職している人が47.6%とほぼ半数を占める結果となりました。

 会社と深く関わる前に退職し、新しい会社への転職を望んでいる傾向にあります。さらに最近は、転職市場が活発であるため、次の就職先があるだろうという安心感があることも考えられます。

sub8

提供:「就職活動に関する調査」(株式会社UZUZ)

 また、再就職先に求めることとして「良好な人間関係」(15.2%)、「ワークライフバランス」(15.2%)という回答が多いことから、新卒の就職希望者とは異なり企業規模や知名度は関係なく、働きやすい環境を重視している傾向にあるようです。

おすすめ記事