仕事が続かない人の特徴は?デメリットや長続きのポイントも解説

仕事が続かない人は、原因を知ることからはじめると良いでしょう。仕事が続かない本当の原因に気づくことで、今後どのような仕事を選べば良いかがわかってきます。

HSPや発達障害などが原因の可能性もあるため、原因追及により気持ちが楽になりますよ。

そこで今回は、仕事が続かない人の特徴や、仕事が続かない状況から抜け出すためのポイントなどをご紹介します。

この記事でわかること
  • 仕事が続かない人によくある特徴
  • 仕事が長続きするポイント
  • 仕事が続かない人におすすめの仕事
  • 仕事が続かないと悩んだときに取るべき行動

HSPや発達障害についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事が続かない人によくある5つの特徴

仕事が続かない人には、いくつかの特徴があります。以下のような性格的な特徴がある人は、そこに仕事が続かない原因があるかもしれません

仕事が続かない人の5つの特徴
  • 飽き性である
  • 人間関係の構築が苦手
  • 働かなくても生活ができる環境である
  • プライドが高い
  • 不満が多い

具体的な自分の性格を知って、対策を立ててみましょう。

飽き性である

仕事が嫌なわけではないのに、ひとつの仕事が長続きせずコロコロと職をかえる人は、飽き性の可能性があります。

 飽き性の中にも「ひとつの仕事を継続するのが苦手」「結果がすぐに出ないとやる気をなくしてしまう」「目標達成がモチベーションにならない」など、さまざまなタイプがあります。

また、新しいもの好きな人は、転職先でまた一から仕事を覚えるのが苦になりません。そのため転職に対するハードルが低く「飽きた」という理由で簡単に仕事を辞めてしまう傾向があります。

ひとつのことに固執し過ぎず、新しいものをどんどん試したいという思いがメリットとして受け入れられる職業もあるため、自分のタイプを分析してみるのがおすすめです。

仕事に飽きてしまう原因を明確にすることで、長く続けられる仕事を見つけられるでしょう。

人間関係の構築が苦手

人間関係が原因で仕事を辞める人は多くいます。しかし、ひとつの職場だけでなく、いくつもの職場を人間関係が理由で退職している場合は「人間関係の構築」自体が苦手という可能性があります。

人間関係の構築が苦手な場合は、職場を変えても根本的な解決には至らないでしょう。

 人間関係を築けないと、仕事の疑問や悩みなどを相談する場所がなく仕事に行くこと自体がストレスになるでしょう。

このケースは、ほかの職場でもまた同じような結果になるのではと不安になるあまり、就職活動に消極的になってしまう可能性もあります。

仕事のスキル自体に問題がない場合は、適した環境を選ぶことで仕事が続くようになります。

働かなくても生活ができる環境である

働かなくても生活ができる人は、仕事のモチベーションを保つのが難しいケースもあるでしょう。

自分で生計を立てる必要のない人は仕事を辞めても生活に困らないため、仕事のためにする我慢や努力に意味を見出せないケースも多いです。

 働かなくても生活ができることは一見羨ましいことのようですが、仕事で得られる喜びが少ないというデメリットにもなり得ます。

このケースは、給料以外の目的を仕事に見出す必要があります。

プライドが高い

プライドが高く人に仕事を聞くのが苦手な人は、わからないことがあっても周りに助けを求められません。

 その結果、仕事に行き詰まりすぐに辞めてしまうというケースがあります。

高学歴でスキルが高く、仕事ができるのに続かない場合はプライドの高さが原因かもしれません。

有能でありながらプライドの高さが原因で仕事が続かないケースは、転職後も同様の理由で退職をしてしまいます。

せっかくのスキルや職歴も上手く活用できなければ、転職においてはデメリットとなってしまうでしょう。

不満が多い

仕事として給料をもらう以上、全てが自分の条件にマッチしている職場はあり得ません。しかし不満が多い人は、デメリットばかりに目を向けがちです。

「給料が少ない」「休みが少ない」「朝が早い」など、不満ばかり口にしていると、自分の仕事を我慢できなくなります。

不満が多い人は目の前の不満がこの先もずっと続くと思い込み、現状に我慢できずに転職を繰り返してしまいます。

不満に思うことを改善するために行動を起こさず、退職で解決しようとするのがこのタイプです。

HSPや発達障害で仕事が続かないこともある?

仕事が続かない人の中でも特に気づきにくいのが、HSPや発達障害などの精神的理由が原因で、働きにくさを感じているケースです。

 学生時代まで「ちょっとうっかり屋さん」「傷つきやすく繊細な人」という特性がありながらも障害を疑うほどではなかった人が、大人になってからHSPや発達障害に気付くケースもあります。

「こだわりが強くひとつのことに集中しすぎる」「周囲の音が気になり過ぎて仕事に集中できない」「注意力が散漫で何度も同じミスをしてしまう」など、仕事上で気になる特性を感じたら受診してみるのも良いでしょう。

発達障害、HSPが原因の場合、就職活動を成功させるだけの実力を持ちながら、職場環境に適応できないことで実力が発揮できていない可能性もあります。

大人の発達障害、HSP診は、就職後に業務上のミスが多発することで受診を考えるケースが多いです。

例えば、こだわりが強くある事柄に没頭する特性があるならば「研究職」や「技術職」、人への共感力が高い特性があるならば「カウンセラー」や「看護師」など、自分の特性を活かせる職業を探してみましょう。

相談できる場所も増えており、県や市が指定する就職支援センターのほかにも、転職エージェントや転職サイトでも障害特性別の専門スタッフによるサポートが受けられることもあります。

出典:大人の発達障害との向き合い方|社会福祉法人 恩賜財団 済生会
出典:HSPに向いている仕事とは?適職を探す3つのポイント|BRAIN CLINIC

仕事が続かないことによる3つのデメリット

無理をして合わない仕事を続ける必要はありません。しかし、仕事が続かないことによるデメリットを理解しておくことも重要です。

スキルアップが難しい

仕事を続けていくうちにポジションアップやキャリアアップの機会が訪れます。通常であれば仕事に慣れた3年目頃から徐々に今後の展望がひらけてくるでしょう。

 しかし、仕事を転々としている人は、ひとつの仕事に対するスキルアップが難しく「年齢は上がっているのにいつまでも成長できない」というケースも考えられます。

また、スキルの高い同僚と切磋琢磨できる職場を辞めてしまい、転職先で仕事のレベルが落ちる可能性もあります。

スキルアップを目指すなら、仲間のレベルも高い職場で長く働く方が良いでしょう。

転職がしにくくなる

あまりに短期間での転職回数が多い場合、仕事が長続きせず、入社しても長く働いてもらえないのでは?という先入観を企業側に与えてしまいます。

そのため、転職回数が多い人は書類選考や面接で「転職理由」に注目が集まりがちです。

 採用担当者が納得いく受け答えができなければ内定をもらうのは難しいでしょう。

退社の理由が前の職場の不満ばかりだったり、一貫性のないものだったりすると悪いイメージを持たれてしまいます。また、転職するまでに空白の期間が多い場合は、その理由も追及されます。

社会的信用を得にくい

仕事をすぐに辞めてしまう人は、社会的な信用を得にくい状況に陥ります。クレジットカード作成やマイホーム、車購入のローン審査などでマイナスに作用することも少なくありません。

仕事が続かないことは、社会的信用を低下させるだけでなく、自分や家族のライフプランにも大きな影響を与えるでしょう。

 転職前にローン審査をしておくのもひとつの方法ですが、転職後の給料が安定しているという保証はありません。

将来的に支払いが苦しくならないよう、計画性をもってローン審査をするのが賢明です。

ローン審査では年収や勤務先だけでなく勤続年数の記入欄もありますよ。

仕事が続かない状況から抜け出すには?長続きのポイントとは

仕事が続かないのは、本人だけでなく家族などの身近な人にとっても苦しい状況でしょう。

ここでは、仕事が続かない状況から抜け出すために、仕事が長続きするポイントをいくつかご紹介します。

仕事を長続きさせるためのポイント
  • 続かない原因を見つめなおす
  • プライドを捨てる
  • 完璧主義をやめる
  • 適度にストレス発散する
  • 自分が興味のある仕事を選ぶ

続かない原因を見つめなおす

続かない原因が明確になっていないうちは、転職先でも同じことが原因で仕事をやめてしまうかもしれません。まずは仕事がどうして続かないのか考えてみましょう。

何度も転職を繰り返している人の中には、そもそもの就職先選びに問題がある可能性があります。

 企業選びや転職理由のほかにも自分が仕事に求めること、やりがいを感じること、逆にやりたくないことなどもリストにしてみましょう。

やりたいこと・やりたくないことがわかれば、自然と今の自分に向いている仕事は絞り込めます

辞める原因だけでなく、企業選びから振り返るのがおすすめです。

プライドを捨てる

実力以上のプライドは、仕事を続けるために不要です。プライドのせいで求人条件や仕事内容に満足できない人は、実力とプライドにギャップがある可能性があります。

また、せっかく就職できても上司や同僚に謙虚な気持ちで接することができないと、仕事もうまくいきません。

 仕事や周囲の人の見方を少し変えることで、今まで見えていなかった良い部分に気づけることもあります。

良い面が見えたら「もう少し頑張ってみよう」「ほかの人の良い部分も見てみよう」など、退職ではない方法で現状の不満を解決することができるようになるでしょう。

完璧主義をやめる

完璧主義の人は自分の失敗を許すことができず、ひとつのミスで退職まで考えてしまいます。失敗を許せない人は自分の失敗ばかりを気にして、周りが見えていません。

また、失敗したくない気持ちのあまり、ひとつの作業に時間をかけすぎるなど、負担になる行動が増える特徴もあります。

最初から完璧を目指すのではなく、働きながら完璧に近づけるよう努力する姿勢も大切です。

ミスをしないように努めることも大事ですが切り替えも大事ですよ。

適度にストレス発散する

仕事や会社のことばかり考えていると、視野が狭くなり良いアイデアが浮かびません。適度にストレスを発散することを心がけましょう。

 趣味に没頭したり、社外の友人と話をしたり、会社以外の自分の時間を持つことで、生活にメリハリがつき仕事の生産性もアップします。

学生時代の友人などと話すことは、考え方の幅が広がるほか、リフレッシュできるでしょう。

自分が興味のある仕事を選ぶ

給料のためだけに仕事をしていると、やりがいと給料のバランスに悩み、仕事を変えたくなってしまうでしょう。

仕事をする上で給料は重要なポイントですが、自分が興味を持てる仕事を選べば、多少の不満を気にせず仕事を続けることができます。

好きな仕事が見つからない場合は、この機会に自己分析をするのもおすすめです。

仕事が続かない人におすすめの仕事3選

仕事が続かない人は、選ぶ仕事が間違っている可能性があります。「自分にはこの仕事しかできない」と決めつけずに、視野を広げて仕事探しをしましょう。

人と接することが少ない仕事

人とコミュニケーションをとるのが苦手、人と関係を築くのが面倒、という人は「配達員」「ドライバー」「清掃員」「研究職」「作業員」などがおすすめです。

「事務職」も、企業によってはその部署以外の人とのやりとりがほとんどないケースもあります。

 中でも配達員は新型コロナウィルスの影響で需要が高く、未経験OKの求人件数が多いのが特徴です。

「警備員」なども時間帯によってはほとんど人と接することがなく、高給の求人も見つけやすいでしょう。

人間関係を築くのが苦手で仕事が続かない人におすすめです。

テレワークや在宅ワーク

近年、大手企業がテレワークや在宅ワークを推奨していて、求人サイトの検索項目にも「テレワーク可」「在宅ワーク可」などの条件が見られます。

「通勤ストレス」や「人と一緒に仕事をするのが苦手」という理由で仕事が続かない人は、テレワーク、在宅ワークに限定して仕事を探すのもおすすめです。

 テレワーク、在宅ワークOKの求人は、要介護の家族がいる人や子育て中の人にも適した仕事も見つかります。

IT、WEB系の求人なら、応募から採用担当者とのやり取りなどすべてがスマホで完結する転職サイトもあるので、活用してみると良いでしょう。

思い切って外回りの仕事

今まで、事務職やオフィス勤務などが続かなかった人は、思い切って外回りの仕事に転職してみるのもおすすめです。

 営業職は成績に応じたインセンティブ制度を導入している企業も多く、高収入を目指すこともできるでしょう。

事務職やオフィス勤務が続かない原因が、屋内でじっとしているのが苦手、繰り返しの単純作業が苦手、というケースもあります。

外回りの営業は未経験者にはキツい、というイメージがあるかもしれません。しかし、訪問先が決められているルート営業は、現在の顧客のフォローやサポートがメインの仕事です。

外回りの営業などは、職種未経験者歓迎の求人も多く見つけられます。

仕事が続かない・メンタルが弱いと悩んだ時に取るべき行動

仕事を続けたいけれど続けられない自分のメンタルを、責めて悩んでしまうこともあるでしょう。最後に、無理して不調をきたす前に取るべき行動を解説します。

転職エージェントで相談

仕事が続かない人は自己肯定感が低くなり、転職先探しも消極的になりがちです。また、仕事が続かない原因が仕事選びを間違っているだけの人もいます。

しかし、転職せざるを得ない状況や、仕事が続かない理由があるにも関わらず、無駄に転職先のランクを下げる必要はありません。

そんなときは、転職エージェントでの相談がおすすめです。転職エージェントでは、無料で転職にまつわるあらゆるサポートを受けられます。

 転職回数別サポートや発達障害、HSPなど人に向けたサポートをおこなっている転職エージェントもあります。

また、転職エージェントは、求職者のキャリアやスキルを棚卸して、アピールポイントを見つけ出してくれます。

さらにキャリアアドバイザーが仕事が続かない原因や、どんな仕事が適しているかを明確にしてくれるため、客観的に自分を見つめなおすことができます。

自分では気づいていなかった強みを見つけることで、選択肢が広がるでしょう。

いきなり辞めず、まずは休む

精神的に苦痛を感じる場合は無理をせずに、一度思い切って休んでみましょう。精神的に追い詰められた状況で、将来を左右する退職や転職などの良い判断はできません

休養して心身共に落ち着いた状態で、会社を辞めるかどうか考えるのがおすすめです。

 うつ病などの精神疾患で休職が認められる期間は、企業の就業規定によって異なるため、事前に確認しましょう。

症状によっては、休職期間中の給料や傷病手当についても支払われる可能性があります。

精神疾患が労災認定を受ければ休業補償給付金も支給されるため、診断によっては休職中も安定した生活ができるでしょう。

仕事が続かないときに相談したい!おすすめの転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
詳細は公式サイト 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

まとめ

今回は、仕事が続かない人の特徴や、仕事が続かない時のデメリット、仕事が続かない人におすすめの仕事などをご紹介しました。

仕事を楽しんで続けられれば、収入も安定してプライベートが充実します。今後のライフプランもたてやすくなり、生活にメリハリもつくでしょう。

自分に適した仕事を見つけるだけで仕事は続けやすくなりますよ。

一人で仕事を見つける自信がない人は、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。仕事が続けられない原因をしっかり見極めて、今後の転職活動に役立ててみてください。

記事内ではおすすめの転職エージェントもご紹介したため、ぜひ自分に合ったサービスを見つけてみましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事