転職エージェントの面談って?流れや服装など事前準備を解説

転職活動をするにあたって、転職エージェントを活用する人は少なくありません。転職に関する充実したサポートを受けることができ、そのなかでも面談にメリットを感じる人は多いです。

面談は自身をアピールするポイントをコンサルタントが教えてくれるため、内定を勝ち取るうえで非常に重要となります。

そこで今回は、転職エージェントの面談内容や目的、さらには基本的な流れや服装などを解説します。ぜひ参考にしてみてください。

また、おすすめの転職エージェントを3つ厳選し紹介しています。どの転職エージェントを使えばいいか疑問に感じている方はご一読ください。

転職エージェントが行う面談の目的は?

転職エージェントが面談を行う目的は、転職エージェントの担当者が、利用者のスキル・経歴・希望の認識を合わせ、理想の転職に導くことにあります。

転職エージェントの担当者は、利用者の転職活動を客観的な立場でサポートするため、最初に面談を行い方向性を合わせておかなければ、理想の転職とは異なった結果になりかねません。

面談では、利用者本人が気付けていない強みや、本当は向いているかもしれない業種を見つけるきっかけになります。

 多くの場合、自分でも取り組めそうだとイメージができる仕事の範囲内で転職先を選ぶことが少なくありません。

しかし、転職市場を熟知している転職エージェントで面談を受けることで、思いもよらない業界が向いている・ハイキャリアな転職が狙えるといった可能性は大いにあります。

反対に、利用者が高望みをし過ぎている場合は、客観的な視点でスキルに見合った転職先を提案してくれます。

基本的に転職エージェントは最初に決まった担当者が最後までマンツーマンでサポートする場合が多いです。

今後の円滑なコミュニケーションのためにも、面談はお互いを理解する大切な機会とも言えるでしょう。

転職エージェント面談の流れ

笑顔の女性

転職エージェントでの面談は、基本的に以下の流れで進むため確認しておきましょう。

主な流れ
  1. 自己紹介
  2. 今までの経歴や現在の仕事内容の確認
  3. 転職したい理由や今後のキャリアの確認
  4. 転職先への希望条件の確認
  5. 求人の紹介

自己紹介

まずは、自己紹介をします。お互いを知るためにも、転職者だけではなく転職エージェントの担当コンサルタントも自己紹介をする必要があります。

さらに、担当のコンサルタントだけではなく転職エージェントの特徴についても紹介されることで、今後どのような流れで転職活動が進んでいくかをイメージしやすくなるでしょう。

お互いの人柄を知ることでリラックスでき、初対面ではなかなか話せないことも相談しやすくなるというメリットもあります。

今までの経歴や現在の仕事内容の確認

面接 3人

転職エージェントを利用する際、一般的には登録して面談に至るまでに職務経歴書を書きます。

その職務経歴書を参考にしながら、コンサルタントは今までの経歴や今の仕事内容について質問をするのです。

なお、この時点では表面的な経験やスキルを共有するくらいの段階となります。

転職したい理由や今後のキャリアの確認

今までの経歴や現在の仕事内容の確認ができた後は、より内面的な気持ちや考えを確認していく段階です。

今の職場を退職したい理由は人によって同じではありません。スキルアップが見込めず転職を希望する、今のキャリアを活かしてより成長したいなど、きっかけは人により異なります。

つまり、なぜ転職したいかという理由により、コンサルタントが紹介する求人内容は違ってくるのです。

転職を成功させる重要なすり合わせと言えるため、思っていることは遠慮せずコンサルタントに伝えましょう。

転職先への希望条件の確認

面接

転職活動をスムーズに進めていくためには、転職のプロであるコンサルタントのアドバイスは欠かせません。

 何よりも大切なのは転職者本人の希望です。ただし、全ての希望が叶えられる転職先があるとは限りません。

転職先に求めるものをきちんと明確にすることで、優先順位や妥協点などをピックアップでき、どういった求人を探すべきかが定まってきます。

求人の紹介

転職者の経歴やスキル、そして転職において求めることを明らかにしたら、これらを踏まえたうえでコンサルタントは希望に沿った求人を紹介してくれます。

紹介される求人の件数や選定基準は、転職エージェントによって異なります。担当のコンサルタントによって、全件紹介する場合もあれば1社に絞って紹介する場合もあるなどさまざまです。

気に入った求人がない場合はきちんと伝え、より理想に近いものが見つかるまで諦めずに探してもらいましょう。

転職エージェントの面談で聞かれる質問の内容

会議室

転職エージェントの面談では、どのようなことを聞かれるのか気になる人もいるでしょう。面談では、主に以下のような質問が予想されます。

主な質問
  • 今の職場について
  • 転職先について

今の職場について

今の職場については、仕事内容や転職を考えたきっかけなどについて問われる可能性があります。これは、今の仕事内容で培ったスキルをどのように転職活動で活かせるかをチェックするためです。

また、転職を考えたきっかけを聞くことで、その人が仕事に何を求めているかを確認できます。

 例えば、スキルアップが見込めないという理由の場合、ハイキャリアの転職先を求めている可能性が高いです。

ライフワークバランスを重視する場合、年収はアップしなくても残業が無い転職先をおすすめできます。

また、今まで複数回転職をしたことがある人であれば、前回の転職理由についても聞かれるかもしれません。

今までの転職理由も、その人のスキルや仕事で大切にしていることを明確にするヒントになる材料です。

転職先について

勤務先

転職先についての質問としては、将来のビジョンや希望年収などが挙げられます。

将来ハイキャリアを目指していると言っても、ベンチャー企業のようにスピード出世の場合もあれば、大企業のようにじっくり時間をかけてキャリアを積み重ねるケースもあります。

また、ワークライフバランスにも幅広い意味があり、土日休み・残業ゼロ・有休を消費しやすいなど人によって求めるものはさまざまです。

 ただし、最初から転職先に求める条件を絞り過ぎていると、コンサルタントから提案できる求人数は少なくなってしまいます。

1つの質問に対して1つの回答を準備するのではなく、優先順位をつけて複数答えられるようにしましょう。

転職先に求める主な条件例
  • 残業は絶対にしたくない
  • 給与は今と同じくらいはキープしたい
  • 勤務するエリアにはこだわらない

希望を絞りながらもなるべく幅広く選択肢を持つことで、転職エージェントから勧めてもらえる求人数はアップするかもしれません。

雑談のなかから得意なこと・趣味などを聞かれる可能性もあるため、ある程度は自己PRに対する回答も準備しておくことをおすすめします。

面談は一問一答のような形式ではなく、会話形式の和やかな場合が多いため、あまり緊張する必要はありません。

転職エージェントの面談にはどのような準備が必要?

advise

転職エージェントの面談は企業の場合と異なり、どのような準備をすれば良いかイメージが湧きにくいかもしれません。面談の際は、主に以下を用意しましょう。

主な準備物
  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 筆記用具

ただし、転職エージェントによっては履歴書や職務経歴書は紙のものでなく、あらかじめサイト上で登録する場合もあります。

面談は、あくまで現職の状態や転職先の希望を掘り下げていく機会です。担当者は会話を通して、転職者の強み・アピールポイント・向いている転職先などを見つけてくれます。

 そのため、完璧なものを準備しておくよりも、面談の担当者が質問しやすい内容を書いておくようにしましょう。

例えば、最低年収の希望や今の仕事で一番ネックになっている点、自分が得意だと感じていることなど、大まかにでも書いておくと面談がスムーズに進みやすいです。

最初の面談で方向性がある程度決まると、今後の転職活動も希望に沿った流れで進みやすくなります。

履歴書や職務経歴書に何を書けば良いかわからない人は、箇条書きにして転職先に求める条件等の優先順位をメモしておきましょう。

転職エージェントの面談にふさわしい服装は?

男性の場合

オフィスカジュアル

企業の面接とは違い、ほとんどの転職エージェントの面談ではスーツである必要はありません。私服可の場合も多く、服装に関して厳しい規則はないのです。

ただし、Tシャツ・トレーナー・ジーパンといったラフな服装は避け、ジャケットを羽織る、そして襟付きシャツやスラックスを合わせるといったオフィスカジュアルが無難です。

また、オフィスカジュアルな服装に合わせて、足元は革靴にするとビジネスマンとしてマナーが身に付いているという印象に繋がります。

女性の場合

オフィスカジュアル

女性の場合も、男性と同様にラフすぎる服装は控えオフィスカジュアルが良いです。

女性のオフィスカジュアルとは、襟付きシャツ・膝丈の暗めな色のスカート・ジャケットなどを合わせます。靴はサンダルやスニーカーではなく、革靴や暗めのパンプスにしましょう。

ネイルやアクセサリーも不可ではありませんが、派手なものより落ち着いていた方が印象は良くなります。

転職エージェントの面談はキャンセルできる?

スーツ 女性

結論から言うと、転職エージェントの面談はキャンセル可能です。面談の予約をしても、何かしらの事情でキャンセルしなければならない場合もあります。

ただし、あくまでもビジネスマン・大人として常識ある対応はしなければなりません。例えば、当日の体調不良で欠席する場合も、欠席がわかった時点ですぐに担当者へ連絡しましょう。

また、前日までにキャンセルがわかった場合もすぐに連絡をすることが大切です。無断遅刻・無断欠席は、転職エージェントへ多大な迷惑をかけるうえ評価ダウンに繋がるため注意してください。

 最近では、事務所等へ足を運ぶことなくリモート面談を実施し、気軽に受けられる転職エージェントが増えてきています。

リモート面談であっても、転職エージェントの担当者は予定を調整して時間を空けているということを忘れてはいけません。キャンセルの際はきちんと連絡をしましょう。

事前に連絡したうえでのキャンセルであれば、振替日を提案してもらえる可能性があります。

企業の面談と同様に、ビジネスマンとして然るべき対応を取ることを心掛けましょう。

おすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界最大級の求人数を誇る!
  • 実績豊富なアドバイザーが在籍!
  • 独自に収集した企業情報を提供してくれる!

リクルートエージェントは業界最大手の一つと言っても過言ではない転職エージェントで、経験・実績豊富なキャリアアドバイザーが転職活動を全面的にバックアップしてくれます。

面談は事前に履歴書・職務経歴書を送付しておくことで、これまでの経歴を一から説明する必要がなくなるためスムーズに話しが進むでしょう。

 希望条件や転職に求めるものも事前に伝えておくことで、実際の求人票を見て相談ができるため。具体的な条件のすり合わせが可能になります。

リクルートエージェントの面談は、だいたい1時間~1時間半程度が平均的です。面談では、自身で気付けていないアピールポイントや、希望に適した企業をピックアップし紹介してくれます。

仕事をしながら転職活動をする人にとっては、面談時間の確保は難しいかもしれません。その点について、リクルートエージェントでは土日や平日の夜など都合に合わせて調整してくれます。

転職者のことを第一に考えた手厚いサポートは、安心感に繋がります。

リクルートエージェントの基本情報

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2022年3月20日時点 175,321件
対応エリア 全国

doda

doda

おすすめポイント
  • 各専門スタッフがプロの視点でサポート!
  • スカウトサービスにより企業からもアクションがある!
  • 採用プロジェクト担当が求人票に載らない情報を提供してくれる!

dodaの面談はキャリアカウンセリングと言い、その名の通り転職活動に関するカウンセリングを実施するという内容です。

現状や転職先の希望をヒアリングすることから始まり、転職活動のスケジュール立てまで一緒に行ってくれます。

 面談は基本的にオンラインや電話での対応となるため、住んでいるエリアが遠方でも心配ありません。

ただし、日時については平日と土曜日は時間を調整できますが、日曜日は受け付けていないため注意してください。受付時間は平日9時~20時半・土曜日10時~18時半となります。

また、担当者はランダムに決まるのではなく、今の仕事の業種や職種に精通したアドバイザーに限られます。

各業種や職種ならではの特性・問題を知り尽くしたアドバイザーであるため、面談では深い話ができるでしょう。

dodaの基本情報

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2022年3月20日時点 127,647件
対応エリア 全国
出典・注釈

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • キャリアアドバイザーは業界ごとの専任制!
  • 企業担当アドバイザーは職場の雰囲気などリアルな情報を届けてくれる!
  • マイナビエージェント独自の非公開求人を多数保有!

マイナビエージェントは、登録してから面談までの連絡が早いという特徴があります。そのため、スムーズに転職活動を進めたい人におすすめです。

面談は自分にとって都合の良い日を相談できるため、平日の仕事が忙しくても心配ありません。また、面談場所は会場もしくはオンラインから選択できます。

 一般的に転職エージェントの面談はヒアリングまでという場合が多いですが、マイナビエージェントは希望に見合った求人があればその場で紹介してくれます。

なかには非公開求人も含まれるため、希望に合ったうえに他では出会えない仕事を紹介してもらえるチャンスがあるかもしれません。

大手ならではの手厚いサポートは、大変魅力的であり安心感に繋がります。

マイナビエージェントの基本情報

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • Web面談・LINE相談
  • 転職ノウハウの提供
  • テーマ別平均年収ランキングの紹介
対応エリア 全国

まとめ

この記事では、転職エージェントの面談内容や目的、さらには基本的な流れや服装などを解説しました。

面談を実施する主な目的は、転職エージェントの担当者が利用者のスキル・経歴・希望の認識を合わせ、理想の転職に導くことです。

基本的に面談では、今の職場での仕事内容や転職先に求めることなどが質問され、自身の理想を伝えるという内容となります。

面談の服装は、社会人としての常識を考えオフィスカジュアルが無難です。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事