tenshoku-yarikata

「転職しようかな」と考えはじめたはいいものの、何から始めればいいのか分からず戸惑ってしまう…。そんな方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、転職活動の進め方が分からず困っている人のために、転職活動の正しいやり方をまとめました。

この記事で分かること
  • 正しい転職活動のやり方・手順
  • 年代別(第二新卒・20代・30代・40代以上)転職成功のポイント
  • 目的別(年収アップ、Uターン、Iターン)転職成功のポイント
  • 転職活動の注意点

転職成功のポイントや、注意点も解説していきます。

転職活動を始める前に知っておきたいポイントを分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職活動のやり方~スタートから内定まで~

転職活動は、①準備応募面接④内定という順番で進んでいきます。大体、3~6か月くらいの期間でこれらのプロセスを完了するのが一般的です。

それぞれの段階で何をやるのかまとめてみました。正しい手順を理解して、転職活動のイメージを掴んでくださいね。

1
転職への準備

転職活動のやり方~スタートから内定まで~

転職活動の準備は、自分の未来の方向性を決める大事なプロセスです。しっかり理想とする未来から逆算して転職活動をするために、丁寧な準備を行いましょう。

準備① 自己分析をする

最初に自己分析で方向性をはっきりさせるのが大切です。「自分が本当に活躍できる仕事」を知り、理想的な転職先やそもそも本当に転職すべきかどうかなどを検討しましょう。

また、自己分析をしておくと面接も上手くいきやすくなります。面接官は、あなたが自分のキャリアに軸があるか、厳しく見定めてくるためです。

自己分析のやり方には色々な方法があります。正解はないので、自分に合った方法を探してみてくださいね。
おすすめの自己分析ツール

グッドポイント診断

まずは簡単な自己分析からやってみたい!という方には、無料で利用できる自己分析ツール「グッドポイント診断」がおすすめです。

 質問に答えるだけで、8,568通りの診断結果から自分だけの強みを知ることができます。

グッドポイント診断は、リクナビNextに登録すればだれでも利用可能です。リクナビNextは、正社員転職者における会員登録率No.1を誇る転職サイトで、求人数も豊富です。

もちろんリクナビNextのサービスは全て無料なので、安心して利用できます。

準備② 情報収集をする

キャリアの方向性が定まったら、今度は情報収集です。自分が転職したい業界の動向を調べ、企業研究を行い、応募したいところを見つけます。

 情報収集の際に便利になるのが、転職サイトです。

求人を比較して企業研究に役立てることができるだけでなく、転職市場の動向基本的な転職ノウハウなどを集めたコンテンツも閲覧できます。

転職サイトおすすめ人気ランキングはこちら>>

情報収集できる転職サイト

doda

情報収集のために登録する転職サイトは、dodaをおすすめします。

dodaは公開人数が約9万と、転職サイトの中では国内最大級の求人数を誇っています。様々な業種・職種の求人を取り揃えているので、どんな求人があるのかチェックするのには大変便利です。

転職お役立ち情報や、キャリア診断年収査定などのコンテンツも豊富です。初めて転職する人にとっては、非常に使いやすいサイトになっています。

公式サイトの文言によります

サービス利用料 無料
求人数
※2021年7月7日時点
公開:87,702件
非公開:35,545件
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

準備③ 書類を作成する

応募したい企業・求人に目星をつけたら、履歴書・職務経歴書を作成します。新卒就活のときとは違い、提出書類は企業ごとに書き換える必要はありません。

 きちんと書けているものが1セットあれば、OKです。

自分の経験・スキルを企業側に売り込む職務経歴書は、特に大切です。正しい言葉で、分かりやすくあなたの魅力を伝えられるように書きましょう。

転職エージェントに登録する場合は、添削を頼むといいですよ。


応募

転職活動のやり方~スタートから内定まで~

企業に応募する方法は、次の3種類があります。

  • 転職サイトから応募
  • 転職エージェント経由で応募
  • 直接応募

どの応募方法でも選考プロセスは変わりませんが、おすすめは転職エージェント経由の応募。転職エージェント経由で応募した場合、色々なサポートを受けながら選考を進めることができます。

転職に少しでも不安がある人は、転職エージェントを頼るといいでしょう。


面接

転職活動のやり方~スタートから内定まで~

転職の面接は、新卒就活の面接とは違います。ただの選考というわけではなく、入社前の人材評価としての側面があります。

 面接での評価によって、内定の際に提示される年収額が変わることもあります。

面接で自分の価値を伝えきるためにも、面接練習は必須です。転職エージェントでは、過去質問集をまとめていたり、担当者が面接練習に応じてくれたりします。登録している人は上手く活用しましょう。


内定

転職活動のやり方~スタートから内定まで~

最終面接に通ると、企業から内定が出ます。ここで注意しなければならないのが、企業側から提示される条件です。

 事前に聞いていた情報と相違がないか、きちんと確認しましょう。

また、入社を決めたら退職準備を進めます。迷惑がかからないように退職時期を考慮しつつ、退職願の提出や引継ぎなどを滞りなく進めていくと、退社時のトラブルも起こりにくくなります。

【年代別】転職を成功させるポイント

転職成功のためのポイントは、年代によって大きく変わってきます。その理由は、企業が求職者に求めていることが、その人の年齢によって違うためです。

そこで、年代別に転職を成功させるためのポイントをまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【第二新卒】転職成功のポイント

転職

まだ社会人経験の浅い第二新卒での転職は、スキルや実績よりもポテンシャルや人柄が重視される場合が多いです。

未経験の業界・職種への転職もしやすいので、大事なポイントをしっかりと押さえて転職を成功させましょう。

20代前半・第二新卒のポイント
  • 業種・職種を絞りすぎない
  • 基本的な社会人スキルはきちんとアピールする

業界・職種を絞りすぎない

第二新卒であれば、未経験の業界・職種への転職も十分可能です。その際、特定の業界・職種にこだわりすぎない方が上手くいきやすいです。

確かに経験者ほど優遇されやすい傾向にありますが、第二新卒は新しい可能性がまだたくさんある時期。固定観念にとらわれず、幅広く検討することをおすすめします。

基本的な社会人スキルはきちんとアピールする

第二新卒は「経験・実績がほとんどない」ということも少なくありません。その場合でも、資料作成能力やコミュニケーション力などの基本的な社会人スキルはしっかりとアピールしましょう。

社会人としてのスキルや経験をアピールすることで、仕事への意欲・誠実さを伝えることができます。

経験が少ないからといって、社会人としての経験をアピールするのに気後れする必要はありません。自信を持って素直に伝えましょう。
20代前半・第二新卒なら【キャリトレ】

キャリトレ

キャリトレは、「ビズリーチ」の運営元が20代向けに作った転職サイト。業種・職種問わず第二新卒の求人も豊富です。

キャリトレはレコメンド機能“というものがあり、検索しなくても毎日自分に合った求人をおすすめしてもらえます。アプリでおすすめ求人をサクッと見られるので、忙しくても転職活動が進められます。

サービス利用料 無料
求人数
※2021年7月14日時点
非公開
主な対象年齢 20~30代
スマートフォンアプリ あり

出典:https://www.careertrek.com/

【20代後半】転職成功のポイント

転職サイトの選び方

20代後半での転職は、段々とスキル面も重要視されるようになってきます。自分が今までの社会人生活で身につけてきたことを、素直にアピールしましょう。

第二新卒とは違い「経験を積んだ社会人」として見られるので、業界や職種を変えずに転職活動をした方が、選考が進みやすい傾向にあります。

20代後半のポイント
  • 企業のニーズに合わせたアピールをする
  • 次のキャリアに繋がる転職先を選ぶ

企業のニーズに合わせたアピールをする

20代後半は、人柄・スキル・実績などを含む総合的な人材像が重視されます。

 転職先企業のニーズに、あなたの人材像がマッチしていることが大切です。

企業がどんな人材を求めているかを把握し、具体的に自分をアピールする必要があります。

次のキャリアに繋がる転職先を選ぶ

社会人としてのキャリアはまだ十分とは言えない20代後半。勢いや焦りだけで転職するのではなく、今後のキャリアを見据えて転職先を選ぶことが重要です。

そのために重要なのが、じっくりと自己分析企業分析をすること。理想の将来から逆算して、ひとつひとつキャリアを積み上げていきましょう。

企業研究では、福利厚生・労働条件も大切な要素です。ライフプランも考えつつ、理想の求人を探しましょう。
20代後半なら【doda】

doda

dodaは、人材会社大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。非公開も含めて求人数は10万件以上と、色々な業種・職種の求人を幅広く揃えています。

dodaに登録すると、採用プロジェクト担当から求人票には載らない情報を提供してもらうことができます。

サービス利用料 無料
求人数
※2021年7月7日時点
公開:87,702件
非公開:35,545件
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

【30代】転職成功のポイント

【年代別】転職を成功させるポイント

30代は、社会人としても中堅の立ち位置。即戦力として採用されるようになります。

また、30代は人ぞれぞれ年収に大きな開きが出てくる時期でもあります。自分のスキルを最大限アピールして、キャリアアップを図りましょう。

30代のポイント
  • 細かく企業研究を行う
  • 転職における優先順位をはっきりさせる

細かく企業研究を行う

30代になると、全く違う業界・職種へ転職するパターンは少なくなり、即戦力・あるいはそれに準ずる立ち位置で採用されることがほとんどです。

 採用する側も、業界・企業に対する理解はできていて当たり前という認識で面接をします。

しっかりと業界研究・企業研究を行い、面接に備えておきましょう。企業研究を隅々まで行うことは、ライバルに差をつけることにもつながります。

転職における優先順位をはっきりさせる

30代は結婚や出産など、プライベートで大きなライフイベントが増える時期です。

 自分のキャリアだけでなく、家庭の今後も含めたライフプランを明確に描くことも、転職先を選ぶ上で大切になってきます。

何もかも理想の転職先に出会えれば万々歳ですが、転職活動は全て思い通りに行かないことも想定しておきましょう。

「成長できる環境で働くこと」「年収をアップさせること」など、優先順位をハッキリさせた上で働く会社を探すことをおすすめします。
30代も【doda】

doda

dodaでは、転職市場予測等のコンテンツもアプリでチェックできるので、業界研究・企業研究をスキマ時間で進めることができます。

また、採用プロジェクト担当から求人票には載らない情報を提供してもらうことができます。企業の求める人材像に合わせて自分をアピールするための材料にするといいでしょう。

サービス利用料 無料
求人数
※2021年7月7日時点
公開:87,702件
非公開:35,545件
利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

【40代以上】転職成功のポイント

転職サイトの選び方

40代になると企業側が求職者に求める専門性も高まるため、30代以下に比べて求人も少なくなってきます。

そのため転職成功のカギは、今まで培ってきた専門性になります。自分の経験とスキルを整理し、転職先で専門性が発揮できることをアピールすることが大切です。

40代以上のポイント
  • 経験が強みになる求人に応募する
  • 転職先で実現したいことを明確にする

経験が強みになる求人に応募する

40代以上の転職は、今までの経験と専門性が強みになるような転職先を選ぶことが重要になってきます。

 また、ポータブルスキル(業種や職種、時代背景などに左右されない能力)をアピールすることで、自身の人材像の輪郭をはっきりさせられます。

今までの経験を転職先でどう活かせるのか、論理的に伝えられるように情報を整理しておきましょう。

転職先で実現したいことを明確にする

40代以上は、管理職・重要ポジションの求人がほとんどです。そのため、他の社員を引っ張っていく能力が求められます。

面接でも、明確なビジョンを持って転職先を選んでいるかが問われることが多いでしょう。

「転職先で何を実現したいのか」を、自分自身の言葉でしっかりと説明できるようにしておくことは必須ですよ。
40代以上なら【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、40代以上の求人も多く取り揃えています。また、企業に対する交渉力が高いのも特徴です。面接日の設定年収額の交渉も間に入って、しっかり調整してくれます。

転職に関するサポートも充実しており、忙しい40代以上の求職者でも着実に転職活動を進めることができますよ。
サービス利用料 無料
求人数
※2021年7月7日時点
公開:116,699件
非公開:176,195件
利用可能地域 全国
運営会社

株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/

【目的別】転職を成功させるポイント

転職の目的によって、注力すべきポイントは変わってきます。そのため、自分の中での優先順位をはっきりさせることが重要です。

限られた時間の中で転職活動を成功させるために、目的別のポイントをしっかり押さえておきましょう。

【年収アップ】転職成功のポイント

転職理由の中でも特に多いのが「年収アップを実現するため」というものです。

しかし、やみくもに転職をしても年収アップは望めません。転職活動における年収アップのポイントを把握して、長期的な目線で転職先を選びましょう。

年収アップのポイント
  • 業界を見極める
  • 面接でスキルと実績をきちんとアピールする

業界を見極める

成長している業界の企業は、今後市場規模の拡大に伴って売上も増えていく可能性が高いです。売上が増えれば、社員にも還元されるでしょう。

 また、事業規模の拡大に伴って人材が必要になるため、好待遇で人材募集をしている企業も多くなります。

現在のスキルと照らし合わせて業種を変えてみると、年収アップにつながることがあります。

面接でスキルと実績をきちんとアピールする

中途採用は新卒採用と違い、一人一人の年収は前職の給与やスキルを考慮して決定されます。そのため、面接でどれだけ自分をアピールできるかが年収に関わってきます。

転職時には、内定前に年収交渉というものが行われる場合が多いです。企業との間で年収額をすり合わせます。

納得のいく年収額でオファーをもらうためにも、しっかりと自分の実績とスキルを面接時にアピールしておくことが重要です。
年収アップを目指すなら【ビズリーチ】

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス転職のための転職サイトです。優良求人が多数掲載されており、年収アップを狙う人にはぴったりのサイトです。

自分で求人を検索することはもちろん、登録すると優良案件を持ったヘッドハンターや転職エージェントから、スカウトをもらうこともできます。ハイクラス転職を希望する方は、ぜひ登録してみてください。

サービス利用料
  • スタンダードプラン:無料
  • プレミアムプラン:有料
求人数
※2021年7月7日時点
公開:59,476件
非公開:—
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

出典:https://www.bizreach.jp/

【地方・Iターン・Uターン】転職成功のポイント

【目的別】転職を成功させるポイント

地方活性化のために、自治体や企業などが積極的に奨励しているIターン・Uターン転職。ワーケーション・リモートワークの動きも重なり、今後地方で働く選択をする人も増えてくるかもしれません。

しかし地方での転職は、都心での転職とは勝手が違います。都心との違いを理解して転職活動をすることが、地方転職のカギになります。

地方転職のポイント
  • 年収アップにこだわらない
  • 地方で働くことに対する理解を深める

年収アップにこだわらない

地方の求人は都心部の求人に比べて、額面が少なくなることが多いです。地方への転職と年収アップを両立させようとすると、転職活動が難航することがあります。

地方は都心と比較すると物価や家賃が安いので、年収が下がっても生活に余裕が出る場合も多々あります。年収にこだわりすぎずに転職先を選ぶのが、地方での転職を成功させるポイントです。

地方で働くことに対する理解を深める

地方は都心部に比べ、コミュニティを重視する傾向が強いです。人と人、企業と企業の繋がりが強いことを理解して、転職に挑むといいでしょう。

面接の場で、地方企業に対する熱意を伝えられるとポイントが高いですよ。
地方の転職は【リクルートエージェント】

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大級の非公開求人数を誇る大手エージェントです。地方の求人も豊富に揃えています。

大手なだけあって地域ごとに拠点を持っており、その地方での転職のポイントなども考慮してアドバイスをしてくれます。

公式サイトの文言によります。

サービス利用料 無料
求人数
※2021年7月7日時点
公開:116,699件
非公開:176,195件
利用可能地域 全国
運営会社

株式会社リクルート

出典:https://www.r-agent.com/

転職活動の注意点

転職活動中に「先にこれを知っておけば良かった…」と思うことはなるべく避けたいですよね。そうならないためにも、転職活動の注意点を先に把握しておくことが大切です。

そこで、転職活動で注意すべきポイントで重要なものを3つピックアップしました。転職活動をはじめる前に、頭に入れておきましょう。

長期化はなるべく避ける

転職活動の注意点

転職活動でやってしまいがちな失敗のひとつが、「期間を決めずに転職活動をしてしまった」というものです。

 期間を決めてやらないと、メリハリがつかず、ダラダラと時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。

また、内部の異動や離職者などの関係で、企業はすぐに人材が欲しい場合があります。応募した時点から入社予定時期が遅すぎると、選考に不利になる場合もあるので注意が必要です。

他にも、転職エージェントの支援を打ち切られてしまうことがあるなど、長期化には色々なデメリットがあります。期間を決めて動くようにしましょう。

色々な角度から情報を集める

転職活動の注意点

転職活動において非常に大切な情報収集。一つの転職サイト、一つの転職エージェントなど、情報源が限られていると偏った情報だけをインプットすることになってしまいます。

 転職サイト・転職エージェントの登録は基本的に無料なので、情報源として複数登録しておくことをおすすめします。

インターネットだけで情報収集をすることにも、注意が必要です。企業の説明会や社内見学会に参加して、一次情報を得ることも意識しましょう。

応募数を増やし過ぎない

複数応募をすると「面接対策ができる」「比較検討できる」などのメリットがありますが、応募先を増やしすぎるのはおすすめできません。

 面接が立て込んで忙しくなりすぎてしまうと負担になり、本命の企業の面接対策がおろそかになってしまう可能性があります。

企業から、選考中の応募先の提示を求められることもあります。応募先が多すぎると、企業からの不信を買ってしまいかねません。応募する企業は程々にしておきましょう。

転職活動に関するQ&A

転職活動はまず何からはじめればいいですか?
まずは、情報収集からはじめましょう。転職サイトの転職お役立ち情報を一通り見てみたり、転職エージェントにキャリア相談してみたりすると、次にやるべきことが見えてきます。

最初に登録するのは「doda」がおすすめです。dodaはサイトとエージェントに同時に登録でき、転職初心者に向けて分かりやすい情報を集めています。

20代で転職するときの注意点を教えてください。
20代はまだ経験が足りていないことが多いため、自身のポテンシャルを積極的にアピールする必要があります。また、先の長いキャリアを建設的に考え、次につながるような転職先を探すことも大切になってきます。
Uターン転職は難しいと聞きます。
実は、Uターン・Iターン転職は都心での転職に比べて難易度が高いわけではありません。しかし、いくつか注意すべきポイントがあるのも事実です。

「地方は都心に比べ年収の額面が少なくなる場合が多い」「地域ごとに独自のコミュニティがある」といった点をしっかり理解して転職にのぞむ必要があります。

年収アップを狙うのにおすすめの転職サイトはありますか?
年収アップを狙う人には「ビズリーチ」がおすすめです。ビズリーチは、ハイクラス向けの転職サイトで、優良求人が多く掲載されています。また、スカウト機能もあり、ヘッドハンターからスカウトを受け取ることもできます。
自己分析のやり方を教えてください。
転職活動の自己分析は、キャリアの棚卸しを中心にするといいでしょう。これまでのキャリアについて振り返り、積み上げてきた経験をすべて分析するやり方です。

また、転職サイトの自己分析ツールは簡単に自己分析ができるのでおすすめです。例えばリクナビNextの「グッドポイント診断」では、質問に答えるだけで自分だけの強みを知ることができます。

企業への直接応募はデメリットはありますか?
直接応募することで選考が不利になったりすることは特にありませんが、選考のプロセスを全て自分で進めなくてはならなくなるため、あまりおすすめできません。

求人への応募は、基本的に転職エージェントを通すことをおすすめします。転職エージェントを通して応募すると、面接日程の調整を代行してくれたり、年収交渉で間に入ってくれたりするので、転職がスムーズに進めやすくなります。

離職してからの転職活動は不利になりますか?
特別な理由がない限り、転職活動は在職中に行っておいた方がメリットが大きいです。離職してからの転職活動は、「キャリアの計画性がない」「仕事に取り組む意欲が低い」と判断されてしまいかねません。

生活面でも、収入を途切れさせないようにするためには在職中に転職活動をしておくのがより賢明な選択と言えます。

まとめ

転職活動のやり方について、年齢別・目的別に詳しく紹介しました。

第二新卒・20代~30代の若い層と、40代以上のミドル世代では転職活動のポイントも異なってきます。また、年収アップやUターン(地方で働きたい)など目的によっても転職活動のやり方は変わってきます。

そのため、転職する際は、年代や目的から逆算して、自分にあった準備が大切です。また、企業を探すうえで転職エージェントへの登録も欠かせません。

ぜひ今回の記事を参考に、基本的な転職の流れ(①準備→②応募→③面接→④内定)を押さえたうえで、まず転職エージェントに登録することからスタートしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事